2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.03 (Sun)

久しぶりの工房訪問

月日が流れるのは早いもので、自分のピアノを購入してからもう2年半が経過しました。
楽器を探している時は、やはりあちこちの楽器店や工房を見て回るのですが、実際に自分のピアノを所有すると、ピアノを探しているわけではないので、楽器店に行く頻度は極端に減ってしまいます。

昨日、久しぶりに私のお世話になっているarakiさんの工房にお邪魔しました。
その日は工房で企画のある日だったにも関わらず、arakiさんは2時間も話し相手をしてくださいました。(arakiさん、ありがとうございました。)
今回工房にあったピアノは前回伺ったときの楽器が全て入れ替わっていて、ベヒシュタインのアップライト(50年前のものと100年前のもの)が2台、グロトリアンのアップライト(80年前のもの)が2台、ヤマハのアップライト(80年前のもの)が1台、ペトロフのアップライトの新品が1台、そしてタローネのグランドがありました。(工房の写真を撮ってくるのをすっかり忘れていたので、こちらでそれぞれの楽器が紹介されていますのでご紹介します)

ピアノの黄金期といわれるのは1920年代から30年代で、このころのピアノは材質が非常に良く職人芸が随所に散りばめられた素晴らしい楽器です。各ピアノメーカーがそれぞれの個性を発揮していた時代のピアノ、ということもあり、この年代のピアノを捜し求める方もいらっしゃいます。まさに、そういう方にはたまらない楽器が集まっていました。
今回訪問して、実はそんなにピアノを弾いた訳でもなく、ひたすらarakiさんとお話しながら、ピアノ内部を見せて頂いたりしていました。
1台新品のペトロフが置いてあるのですが、実は以前から私はarakiさんに最近のペトロフを是非触ってほしい、と申し上げていました。arakiさんは過去にヨーロッパで出会った共産圏時代のペトロフのイメージがあったようです。にもかかわらず、ペトロフを仕入れて調整されたようです。どうやら私もarakiさんの背中を押した一要因のようです(笑)。そのペトロフの調整のお話も聞かせていただきました。やはりペトロフはまだまだ詰めの甘いところもあり、技術者の調整にかかっているところも多いようです。

とても良い楽器もありました。特に良かったのはグロトリアン130で、とても80年も経ったピアノとは思えない響き。中もとてもきれいでした。すでに売約済みだそうで、小学生のお子さんが、このピアノ!と決めたとのこと。耳もちゃんと育っています。こんな楽器で小学生のうちからピアノが弾けるなんて幸せだなぁ、と思いました。
もう一台、50年前のベヒシュタインもバランスがよく響きが豊かないい楽器でした。

一通り触ってみて、今はやっぱり自分のピアノに慣れていることがよくわかりました。楽器は面白いですね。

スポンサーサイト
EDIT  |  22:55  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.02.24 (Sun)

私のお世話になっている技術者さん

毎年1月ごろ、私のピアノの定期調律を技術者の方にお願いしています。
今回はその私の信頼のおける技術者さんをご紹介します。

EDIT  |  14:35  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.09.30 (Sun)

9月のピアノのおけいこ

9月は妻の出産があり、出産から退院までと休日は妻の実家へ行っていたのもあって、実はあんまり練習できませんでした。平日は約1時間の練習で、先を急ぐような練習はせず、復習を兼ねた練習をするようにしています。来月もこの方向性でやっていこうと思います。

<9月のおけいこ内容>
①HANON 17,18と10~13の中から一つ 39のスケールと41のアルペジオEdur,c♯moll
 アルペジオ中心にこれらのスケールを練習。

②CZERNY ETUDES Op.849 No.27
 9月から27番へ。アルペジオと左右の交差の練習。左右の手が飛んだ先の打鍵よりも戻った時の打鍵が難しく感じます。初めのうちは左右の手の役割が代わる9小節目とその前までと弾いていて違和感を感じました。左右それぞれ片手づつ練習して、ゆっくりから両手をあわせていきました。テンポアップをして10月も引き続き27番を練習します。

③BACH INVENTIONEN No.12,15,13
 先月から引き続き練習していますが、相変わらず装飾がニガテ。
 この装飾音の入るタイプのインヴェンションはずっと苦手にしています。部分練習を主にゆっくり練習。なかなか上がれませんが、来月には終えたいと思います。
 さらに、以前練習していた15番と13番も復習の意味で練習してきました。繰り返しさらわないとせっかく練習したものが身につかない気がしたので…。これも来月やっていきます。
 
④Severac EN VACANCES Invocation a Schumann
 9月もこの曲をお楽しみで練習しました。やればやるほど音楽的に弾くのが難しい。以前練習したグリーグやメンデルスゾーンもそうでしたが、自然な音楽の流れを作るのが単純なようで難しい。特に後半の51小節から最後まで、ここの流れが難しいんです。
 楽譜は音楽之友社の舘野泉さんの編集されたものを使用していますが、楽譜を見るとかなり神経質にペダルやアーティキュレーションの指示があり、運指にもレガートを重視した指示。よくよくみると納得できる運指で、ペダルの指示もこだわりのある指定です。
 来月はもう少し音楽的に弾きたい。
 
10月は妻と子供二人が戻ってくると思うのでできるときにできるだけ練習しておきたいと思います。次の曲も考えないと…。でもこれが一番楽しみかも(笑)。

EDIT  |  21:46  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.08.31 (Fri)

8月のピアノのおけいこ

8月は半ば過ぎまでなかなか時間が取れず、練習が進みませんでした。ずいぶん遅れをとっていましたが、20日以降は時間が取れたため挽回。でもやり残しが出てしまいました。

<8月のおけいこ内容>
①HANON 14~16 、 39のスケールと41のアルペジオHdur,G♯moll
 アルペジオ中心にこれらのスケールを練習。

②CZERNY ETUDES Op.849 No.26
 26番は単音連打とその後のレガートの練習。同音連打は12番以来。まずはゆっくりから練習。同音連打はあんまり好きではないです(苦笑)。9小節目からは左手のメロディーとフレージングを意識。24小節目の3,4拍がリズムが狂う。いろんな要素が混ざると大変ですね。きちんと弾けることを確認してテンポアップ。こうして26番は無事終了。来月は27番へ。

③BACH INVENTIONEN No.12
 はじめは装飾音なしで練習。しかし8月からこの12番をスタートしたものの、なかなか最後までたどり着けない。練習できない日があるとあっという間に運指を忘れるし、思い出した頃に練習時間がなくなる、というのを繰り返していたからか?20日以降、この曲を最重点課題として練習。やっぱり慣れてくると早いですね。装飾音を入れて練習し始めたところで8月が終わり。この装飾がニガテなので来月持ち越しで進めていこうと思います。
 
④Severac EN VACANCES Invocation a Schumann
 今月からこの曲を練習するということで楽しみにしていたのですが、あくまで<お楽しみ>の位置づけ。練習時間が足りず、他の練習で練習時間を使い切ったので、実際練習を始めたのはお盆明けから。この曲はセヴラックの愛したシューマンへのオマージュのような作品。語りかけるような音楽ですが、意外としなやかなリズムが大切に感じます。音数は少ないですが、オープンハーモニーでしっかり倍音を感じれるので優しく暖かい音楽ですね。譜読みを初めて2週間、最後まで何とかたどり着きました。もちろん来月も持ち越しです。
 
9月は第二子出産が控えていて大変ですが、普段平日は逆に一人なので落ち着いて練習しようと思います。


EDIT  |  23:10  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.07.31 (Tue)

7月のピアノのおけいこ

7月はやっぱり練習が進みませんでした。仕事の休暇を取っていたので、それで留守にすることがあったりしたため仕方がないと思うが、7月の課題は6月の持ち越しの課題が多かったため、6月のやり残しはきちんと練習できた。結果的にはこれで良かったのかもしれないと思う。

<6月のおけいこ内容>
①HANON 14~16 、 39のスケールと41のアルペジオG♭dur,E♭moll
 アルペジオ中心にこれらのスケールを練習。

②CZERNY ETUDES Op.849 No.25
 25番は先月の持ち越し課題。テンポを上げて練習。リズムが狂いがちなのでメトロノームを使って一度テンポを落として練習、アルペジオのポジション等確認。アルペジオ。レガートを意識してゆっくりから練習。25番はようやく終了。来月は26番へ。

③BACH INVENTIONEN No.6
 これも先月の持ち越し課題。先月は28小節以降に頻繁に出てくる細かい装飾のパッセージと左手のアーティキュレーションが上手く結合してくれなかったのでここを部分練習。全体的にアーティキュレーションをきちんとつかんで弾くことがリズム感のいい演奏につながるので、全体に広げて楽譜を確認。そうするといろいろ問題が出てきました。丁寧にさらえたので持ち越して大正解でした。
次の曲はいろいろ考えましたが12番をやってみることにしました。
 
④Grieg An den Fruhling
 テンポプリモ以降の歌と左手が課題でした。フレーズの最後の3拍目の歌い方、これが難しいです。また、57小節目から63小節目までの持って行き方と64小節目以降、なかなか上手くいきませんでした。去年メンデルスゾーンの無言歌を練習してからの課題ですが、こういう歌の流れをうまくつかんで弾くことの難しさ、痛感しています。
弾き込みを経て、現段階としてはここまで、というところまで来たように感じるので、この曲も終了しようと思います。

次の曲はいよいよセヴラックの休暇の日々から”シューマンへの祈り”をやってみようと思います。

8月はお盆にもかかるので、またまた練習できそうにないですが、あせらずマイペースで楽しもうと思います。セヴラックはあくまで<お楽しみ>でバッハをきちんと練習することを改めて意識しておきたいと思います。

それから、なかなか忙しくてブログの更新もできないのですが、無理しても仕方がないので、こちらもマイペースで綴っていこうと思います。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:48  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。