2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.04.25 (Wed)

フランス近代  ミヨー

フランス六人組とまとめて呼ばれることがありますが、その6人というのは、ミヨー、オネゲル、プーランク、タイユフェール、デュレ、オーリックの6人のことですが、これは1920年頃に『5人のロシア人と6人のフランス人とサティ』という論文に書かれたところに由来しているようです。<6人>とまとまられているものの、共同作業は「六人組のアルバム」というピアノ小品集を出版したくらいで、単なるサティのもとで集まったサロンの面々という感じです。

その中の一人、ミヨー(1892-1974)はプロヴァンス生まれ。この南フランスの地中海やラテンという環境が大きく影響します。15歳でドビュッシーの弦楽四重奏曲に触れ、作曲家を志します。
パリ音楽院に入学し、デュカに管弦楽法を、ジェダルジュに対位法を学び、オネゲルやイベールと友人になり、詩人ポール・クローデルとも知り合って大きな影響を受けます。ミヨーは音楽院の学生の時からこの時代の作曲家には珍しく多作で、オネゲルらが新曲を1曲提出するのに対しミヨーは数曲提出、場合によっては曲集を提出していたようです。
1916年クローデルとの関係から、ミヨーはブラジルに赴きます。生来のラテン性が刺激され、「屋根の上の牛」「スカラムーシュ」「ブラジルの郷愁」などを作曲。個性的な作品をどんどん発表します。

ミヨーは多調性(複調性)の研究を進めて、叙情的な「室内交響曲第1番」を作曲。多調性というのは同時に2つ以上の声部がそれぞれ別の調で書かれた作品で、ミヨーはバッハのカノンにヒントを得てこの可能性を広げました。バッハの2声のカノンでは上声部がニ短調、下声部がイ短調で書かれていたことを発見したのでした。
帰国して1920年あたりから、六人組などの活動を行い、どんどん問題作を発表。酷評されてもどんどん作品を発表します。「世界の創造」ではあるとサクソフォンをフィーチャーしています。
第二次大戦中はアメリカへ亡命。ここでは吹奏楽作品の傑作「フランス組曲」を作曲。
1930年にクローデルが台本を担当したオペラ「クリストフ・コロンブス」がベルリン国立オペラで大ヒットします。
後年、大家となったミヨーはパリ音楽院で後進の指導にあたります。

ミヨーの特徴であるラテン性によってとてもスッキリした作風となっています。そして多調性は、あくまでも叙情性に富んだ美しい響きですので、とんでもない不協和音は登場しません。
ドビュッシー、ケクラン、ストラヴィンスキーに影響を受けるものの、それをミヨー自身の気質で自身の語法で作曲されたため、個性的で面白い作品が多いです。同時代のイベールやプーランク、オネゲルとは作風は全く違います。一般にいう[フランス近代]というイメージでフランスの作曲家を捉えるのは、かなりいい加減だということがはっきりわかります。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  22:01  |  フランス近代音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.03.19 (Mon)

フランス近代  イベール

ドビュッシーの次の世代としては1890年代生まれの作曲家になります。この世代は後に「サティとフランスの六人組」と言われる6人(ミヨー、オネゲル、タイユフェール、プーランク、デュレ、オーリック)のほかイベールなどがいます。
今日はイベールについて書きます。例によって、独断と偏見でのオススメ作品は色字で…。

ジャック・イベール(1890-1962)はパリに生まれパリに没した生粋のパリジャンです。幼少から母親のピアノに親しみ、パリ・コンセルヴァトワールの作曲科に学びました。もともとは演劇科に入ったようですが、どうやら音楽を捨てきれず転科し父親に激怒され、経済的援助のストップがかかり、学費捻出のためサイレント映画のピアノのバイトなどをしていたようでした。
パリ音楽院の作曲科に入ったのが既に20歳と遅かったイベールは必死に勉強しました。ここで得た友人がミヨーとオネゲル。その後第一次大戦に従軍したが、戦争後は作曲コンクールでローマ大賞を受賞しそのローマ留学中に書かれた「寄港地」で一気に広く知られる作曲家になりました。この時期にはオペラやバレエ音楽も作曲。ハーピストに重要な作品である「ハープのための6つの小品」も作曲。
その後、30年代には作曲に油がのってきます。30年に管弦楽のための「ディベルティスマン」、31年に交響組曲「パリ」、35年に「アルト・サクソフォンと11の楽器のための室内小交響曲」、36年に「フルート協奏曲」、38年に「10の楽器のためのカプリッチョ」など主要作品を作曲しています。
40年代にかけて「弦楽四重奏曲」を作曲。この時期にはもう尊敬される作曲家となっていて、56年には学士院会員となりました。

イベールの作品は、『訳のわからないゲンダイオンガク』とは全く異なった、明快で非常に聴きやすいフランスのエスプリを散りばめた魅力ある作品ばかりです。
イベールの管弦楽法は素晴らしく、ラヴェルがオーケストレーションの優れた作曲家として「イベールがいるじゃないか」と語ったそうで、その気品ある作品はラヴェルと共通する<職人気質>からくる明晰で節度のある音楽です。
クラシック初心者という方にもとっつきやすく、「寄港地」(地中海沿岸の港巡りの管弦楽組曲)は3つの風景が鮮やかに描かれています。(冒頭のフルートの独奏はドビュッシーの「牧神の~」を思い出します(笑))。
イベールの特色としては管楽器を好んでいたようで、管楽器の作品が優れています。「アルト・サクソフォンと11の楽器のための室内小交響曲」、フルート協奏曲」、「10の楽器のためのカプリッチョ」はとてもチャーミングです。
イベールの作品、どうしてこんなにチャーミングで楽しい作品が日本でそんなに紹介されないのか不思議です。興味のある方は、一度どうぞ。入りやすいけど、奥が深いと感じることでしょう。
EDIT  |  22:23  |  フランス近代音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.01.11 (Thu)

フランス近代  フロラン・シュミット

しばらく更新ができなかったフランス近代です。久しぶりの更新で取り上げるのはフランス近代音楽の繁栄を築いたフロラン・シュミット。
いつものとおり、私個人のオススメは色字で示します。

フロラン・シュミット(1870-1958)はロレーヌ地方のブラモンに生まれました。(「フロラン」とあえて記載するのは、同時期にドイツでフランツ・シュミットという作曲家がいるので(ややこしい!)区別するためです。)
まずナンシーの音楽院で学んだ後、パリ音楽院に入り、ここでジェダルジュに対位法、デュボアに和声法、マスネとフォーレに作曲法を学びます。中でもフォーレのクラスにはラヴェル、デュカやビュッセル、アーンなど逸材が揃っていたのでした(凄い!)。
その後、例のごとくローマ賞作曲コンクールに応募、4年連続大賞を逃したが5年目で大賞受賞。ローマ留学するものの方々に旅行に出掛けてトルコや東洋に興味を持つようになり、これが少なからず後の作品にも影響するようです。
ローマ留学生の義務作品であるオラトリオを作曲、この「詩篇47」が作曲・初演されます。
1907年には代表作バレエ音楽「サロメの悲劇」を作曲。さらに長大な「ピアノ五重奏曲」を作曲。
1909年にはラヴェルらとともに独立音楽協会の設立に携わります。この独立音楽協会の演奏会で「詩篇47」を再演、絶賛されます。
その後も精力的に活動し、パリ・ギャルド吹奏楽団のために「ディオニソスの祭り」(現在も吹奏楽では有名ですね)、「ピアノと管弦楽のための協奏交響曲」、「ロカイユ風組曲」、「弦楽四重奏曲」などを作曲、音楽界では1936年に学士院、1938年からは国民音楽協会の会長に就任し、尊敬を集める音楽家になっていました。

フロラン・シュミットの音楽は同時代のドビュッシーとは大きく異なり、男性的で独創的な作風ではないかと思います。「詩篇47」では<音楽が噴火する>と評されたそうですが、音楽が劇的でエネルギッシュなんですね。ドイツ的でもありますがロマン主義に陥らず、フランス近代の深い霧にも陥らず、見通しのいい音楽です。
また、バレエ「サロメの悲劇」は当時フランスで活動していたストラヴィンスキーに多大な影響を与えた作品で、あの「春の祭典」に先行する作品です。斬新なリズムと和声が絡み合い、見事な作品となっています。
日本ではフロラン・シュミットの作品が演奏される機会が少ないようです。フランス近代は<曖昧模糊としたイメージ>ということが、単なるドビュッシーを基準にした先入観で判断していた、ということだと、これらの作品を通して感じることができるのではないかと思います。

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:29  |  フランス近代音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.11.03 (Fri)

フランス近代  アーン

他の偉大な作曲家の影に隠れてしまい、日本ではではあまり取り上げられないようですが、その旋律の美しさにおいてもっと評価されてもいい作曲家だと思います。例によって色字は、私の独断と偏見によるオススメ作品です。

レイナルド・アーン(1875-1947)は、ユダヤ人の父とスペインのバスク人の母の間に生まれ、3歳のときにパリに移り住みます。
1885年ににパリ音楽院に入ってマスネやサン=サーンスに師事し、特にマスネは彼に特別に目をかけたようです。
1887年、12歳にして今日最も有名な「私の詩に翼があったなら」を作曲。15歳でアルフォンス・ドーデに劇音楽の作曲を依頼されるほどの早熟ぶり。アーンはサロンにて師匠マスネやフォーレなどの歌曲をピアノで弾き歌いをし、自然に歌曲を多く作曲します。彼の歌曲の主要な作品は20歳までのこの時期に書かれたもので、テクストはヴェルレーヌ、ユゴー、ゴーティエ、ルコント=ド=リールらを採用。1912年にフランスに帰化。
1931年にピアノ協奏曲を作曲。
その後アーンはオペラの指揮者としても活躍し、1945年に芸術アカデミーの会員に選ばれ、パリ・オペラ座の総監督、フィガロなど一流紙の評論家としても活動しましたが、脳腫瘍のために1947年6月28日に急死しました。
アーンは多くのジャンルに作品を残していますが、125曲も作曲した歌曲に彼の特質が表れています。芸術的なテクストとマスネより受け継いだ美しい旋律が相まって、叙情的な美しさをたたえています。

フランス歌曲を勉強される方にとっては、アーンはフォーレとともによく歌われるようです。私もフランス歌曲で好きな作曲家の一人です。とにかくその旋律は美しいです。耳にしたことのない方は一度聴いてみて下さいね。

EDIT  |  21:32  |  フランス近代音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.09.26 (Tue)

フランス近代  ピエルネ

ドビュッシーの1歳年下のピエルネ。彼はコンセール・コロンヌの指揮者として有名で、特筆すべきは当時の現代音楽を世に積極的に紹介をしたことです。ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ドビュッシーの「イベリア」、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」などを初演しました。しかし指揮者の立場を利用して自分の作品を初演する、ということはしなかったという、何とも「いい人」なのです。
例によって私の独断と偏見によるおすすめ作品は色字にしてあります。

ガブリエル・ピエルネ(1863~1937)はフランスのメッスに生まれ、5歳から地元の音楽院で学び、8歳(!)でパリ音楽院に入ります。ここで作曲をマスネに、オルガンをフランクに学び大きな影響を受けます。またドビュッシーと同級になり親交を持ちます。やたらと早熟であるピエルネはピアノや和声などでプルミエ・プリを獲得し、例のローマ賞作曲コンクールを19歳で優勝します。
1890年にフランクが亡くなると、聖クロティルド教会のオルガニストにフランクの後任として98年まで務めます。オルガン作品をはじめ、舞台音楽にも興味を持ち、作曲します。
1900年代になるとますます活発に活動し、ジャック・ティボー(名ヴァイオリニスト)のために書かれた「ヴァイオリン・ソナタ」やオラトリオ「少年十字軍」などを作曲、また03年にはコンセール・コロンヌの指揮者にも就任します。そして新人の発掘(ストラヴィンスキーの「火の鳥」や後にミヨーの作品も)や先人の紹介(フランクの「交響曲」など)、当時の現代曲の紹介(ドビュッシーの「イベリア」など)を精力的に行います。
そして1910年に代表作のバレエ「シダリーズと牧羊神」、1919年に発表した「ピアノ五重奏曲」などを作曲。国民音楽協会の会長や24年には学士院にも選ばれ、大家として敬われるようになります。
コロンヌの指揮を離れて、晩年にはマルセル・ミュールのために書いたサクソフォン四重奏のための「民謡風ロンドの主題による序奏と変奏」を作曲、1937年に亡くなります。

ピエルネはマスネとフランクの影響がやはり大きいと感じます。
簡単にいえば、非常にチャーミングで聴きやすいです。マスネのようなロマン性に似ていますが、濃厚ではなく抑制されていてネットリはしていません。初期のドビュッシーにも似ています。フランクの古典的な面も持ちますが、もっと洗練されていて重苦しくはありません。
私的には「ヴァイオリン・ソナタ」や「ピアノ五重奏曲」がとても気に入っています。初期の「ピアノ協奏曲」はちょっとロマン的すぎるところがありますが、「ピアノ五重奏曲」などは、ロマン性が抑制され叙情的です。いい作品だと思います。
実際に聴いてみるとピエルネはもっともっと知られてもいい作曲家だと思います。<ドビュッシーと同世代>ということで過小評価されているようにも思います。

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  22:30  |  フランス近代音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。