2006年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.01.30 (Mon)

ピアノでポップス

私が中学生のころ、ピアノをやっているとクラシックの曲以外のポップス系の楽譜を見つけてきては弾いていたような時期があった。
その代表格ともいえるのはリチャード・クレイダーマンでした。あの貴公子のようなルックスに甘い旋律が印象的なクレイダーマン。楽譜を弾いてみるとアレンジされていたのか意外と簡単に弾けてそれなりの音楽になるところが魅力でした。

中学3年の時に、ラテンやジャズピアノのサウンドを聴いてからは、そういったポピュラーピアノの楽譜が「何か違う」「あのサウンドじゃない」と感じ始めて、楽譜を買ってもアレンジに満足いかない、ということが非常に多くなり大いに不満だったことを覚えています。
そんな時、NHKが服部克久氏を講師に迎え「ピアノでポップスを」という番組を教育テレビで放送したのです。(覚えている方もいるかもしれませんね)
私はテキストを購入し、毎回この番組を見ていましたが、このアレンジはなかなかよく出来ていて、独特の響きが生かされていて大変気に入っていました。番組も好評だったらしく、続々編まで放送されたのでした。

久しぶりにこれらの曲を弾いてみると、やっぱりイイ感じ♪
アレンジャーによって原曲がどうにでも変わるのですが、いいアレンジだとその楽曲の良さを持ちつつ、さらに同時の雰囲気を醸し出すような感じがして、弾いていて大変心地よいものです。

たまにはポップスもいいものですね。

ちなみに今日弾いた曲目は…
ダニーボーイ、ミッシェル(ビートルズ)、あの日に帰りたい(荒井由美)、Saving All My Love for You(ホイットニー・ヒューストン)
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:49  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。