2006年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.02.13 (Mon)

ピアノの健康管理?!

私は通勤に電車を使っているのですが、この時期インフルエンザが流行るのでマスクを常用しています。別に私が風邪やインフルエンザになっているわけではなく、風邪やインフルエンザをひいている人がマスクをしていないケースが多いからです。また、私の場合ウチに小さい子供がいるため、家族に風邪やインフルエンザを持ち帰らないように、特に密室状態になる電車内ではマスクをするようにしています。風邪などをひくまえに予防する、ということが最も有効かと思います。

また、ピアノを持ってみて、この時期気を使うようになりました。一般的にピアノは湿気に弱いというので梅雨の時期に神経質になる人が多いと聞きます。確かに湿度が高いと木が湿気を含んで膨張し響きが鈍くなってしまったり、弦にサビが発生したりするため楽器には決してよくありません。なのにこの乾燥した冬の時期が最もよくないと考えるのは、エアコンなどによる急激な温度変化によって起こる結露が楽器に想像以上の悪影響を及ぼすからです。
夏の冷房よりも冬の暖房の方がは温度変化が大きく、10度以上も一気に変化してしまいます。これによっておこる結露が問題なんです。
ウチの場合以下の点について注意しています。
①エアコンの風が直接当たらない
②床暖房の上にピアノを置かない
③エアコンの温度設定を低めにする(今は暖房温度17度にしています)
④エアコンを入れる場合は、時間をかけて(換気をしながら)設定温度にゆっくり近づける

ちなみに、ストーブを楽器に向けるとかエアコンやファンヒーターの風が直接楽器に当たる、床暖房の上に楽器を置くというのは最悪です。

同じかそれ以上に寒いヨーロッパでこういう問題が起こらないのは、あちらではエアコンはほとんど普及しておらず、その代わりにオイルヒーターが壁をぐるりと取り囲んでいる部屋が多い、ということがあるからです。オイルヒーターは弱い暖房で、しかもそれを一日中入れていることが多いという事情があります。日本のようにエアコンを必要な時に入れるということになれば、一日のその部屋の気温変化が大きすぎて楽器がその温度変化についていけない、ということがあるようです。

楽器の体調管理も考えて、春まで乗り切ろうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:38  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。