2006年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.02.19 (Sun)

回想~ピアノ探しの第一歩②~

日本のメーカーのピアノの響きとあまりにも違うヨーロッパのメーカーのピアノの響きを経験してしまうと、まだ触っていない他のピアノも見てみたくなるものです。そうやっていくつか見ていくと、次第に良い楽器というものがどういうものかわかるようにもなるし、自分の楽器の響きや音の好みもわかるようにもなるものです。とはいうものの、私の場合、どの楽器がどうだったかわからなくなりそうだったので、次々と見てまわるということはせず、時間をかけてゆっくりと見てまわりました。

また、ピアノ楽器店では大抵その取り扱っているメーカーのカタログが置いてあります。これらは一応頂いて帰ります。そこにはそのピアノメーカーの起業から現在までのあゆみ・歴史からその楽器のポリシーや構造上の特徴なども詳しく書かれてあり、そういった意味ではメーカーやそのメーカーの楽器について色んな知識を得ることができます。

しかし、私の場合、実物を見てもない触ってもないのにカタログだけを先に取り寄せるということはしませんでした。カタログによって先入観を植え付けられるということを避けるためです。
私見ではありますが、まずは触ってその楽器の音を感じる、という経験を通して、その音が自分にとってどうだったか、ということを考えることが大切だと思います。
そうやって値段に関係なく触っていくうちに、自分の求める音の方向性やいい楽器の響きが次第にわかるようになってきたのでした。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  22:56  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。