2006年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.14 (Tue)

クロスオーバーっぽい、現代音楽

昨日の昼休みに、「徹子の部屋」を見ていると、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんがゲストで出ていました。高嶋さんと言えば、クラシックのポピュラーな曲をはじめ、ポップスなども演奏するヴァイオリニスト、という印象があります。お話も面白い方で、テンションの高い明るい口調が支持されて、以前はテレビ番組の司会をされていたこともありました。今日も相変わらずの明るい口調でお話されていました。
なかなか日本ではクラシックを聴くという人が少ないのですが、そういったクラシックにとっつきにくい方にも抵抗なく入っていけるような、いわゆるクロスオーバーの分野で活躍されているようです。最近発売されたCDには高嶋さんが作曲された作品が含まれているらしく、この日はその作品を演奏されていました。とてもやさしい、心の和むポカポカとした音楽でした。

こういうクロスオーバー的な音楽は、日本では癒しのイージーリスニングとして人気があるようです。他にもいろんな方が活躍されています。でも、一見クロスオーバーものかな?と思うものでも、実は日本の現代音楽の作曲家の作品だったりして、しかしこれがなかなか良かったりします。
私の気に入っているものでは、ギターの鈴木大介さんの「どですかでん」(これは主に武満徹さんのギター作品集)や、チェロの向山佳絵子さんの「白い風景」(これは吉松隆さんや小六禮二郎さん、三枝成彰さんなどの作品)など、聴いてみると癒しのクロスオーバーか?と思いきや、現代音楽なんですね。
こういう心が和む、温まる作品は、春の日差しのあたたかい昼下がりにコーヒーでも飲みながらのんびり過ごす、というようなシチュエーションにはピッタリです。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  22:30  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。