2006年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.05.16 (Tue)

ピアノレビュー:Steingraeber & Söhne

以前取り上げた、「まるごとピアノの本」で初めて知ったメーカーであるシュタイングレーバーはシンメルを取り扱っているヨシカワピアノカンパニーさんが輸入代理店です。
シュタイングレーバーは日本ではほとんど知られていないマイナーなメーカーのひとつなのかも知れません。しかしシュタイングレーバーのアップライトを弾いてみると深い響きに包まれて、これがアップライトであることを忘れてしまうようなサウンドです(これ、ホントです♪)。
116センチの小さいアップライトでも倍音が豊かで低音も高音もきちんと響きを持っています。近くに並べられているシンメルが気の毒にさえ思えるほどの響きでした。

シュタイングレーバーは1820年創業。1852年からバイロイト市に移り、現在も伝統を守ってピアノ作りが行われている小さな工房です。ワーグナーが絶賛しリストが愛用したピアノでもあり、現在もダニエル・バレンボイムが自宅で愛用していたり、他にもシプリアン・カツァリスやジェイムス・レヴィンが愛用しているなど、その楽器は絶大な人気だそうです。
手作りのピアノですので、製造台数は年産でグランドピアノが50台、アップライトピアノが120台ですので月産わずか十数台ということのようです。
やはり価格は非常に高い(※)ですが、スタインウエイよりも落ち着いた響きであり、ベーゼンドルファーとは違った深みのある響きで、こういう響きを好む人は結構多いのではないか、と思います。
私の試弾したイメージとしては、<いぶし銀の響き>というところでしょうか。言葉で表現するのが難しいですが、未だにその響きは忘れがたいものです。いい楽器ってこんな響きがするんだ~、としみじみと感じました。
また、手作りだけに色んなモデルがあり非常にユニークな面もあります。手作りということは個体差があるということでもあり、同じモデルであってもその性格は少しずつ違います。

これはぜひ一度体験してほしい楽器です。関東圏の方なら秋に開催される「楽器フェア」でも触れるようです。関西圏の方は、西明石までぶらっと出掛ければ(って不便ですが)、ヨシカワピアノカンパニーさんにて試弾できますよ。

Steingraeber & Söhne のURLはこちら。http://www.steingraeber.de/
ヨシカワさんはこちら。http://homepage2.nifty.com/yoshikawa-piano/

※シュタイングレーバーのピアノは手がかかっている分高額です。しかし、欧州ピアノ全般に価格が急に上昇しているのは、この1,2年でユーロが上がってきている影響があります。今後も上昇傾向が容易に予想される、ということは、欧州ピアノの価格がもっと上昇する、ということになります。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:22  |  ピアノレビュー  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。