2006年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.06.15 (Thu)

追悼 岩城宏之さん

岩城宏之さんの訃報を知って、非常に驚くと同時にとても残念に思い、落胆しました。
岩城さんと言えば、あのエネルギッシュな指揮のイメージがありますが、優しくてとても繊細な方であったようにも思います。
私が子供のころは、テレビでNHK交響楽団を指揮していらした姿をよく拝見しました。とにかく汗を撒き散らして激しい指揮をする方で、そういう姿ばかりが印象に残っています。ラジオにもよく出演されていました。
私は中学生のころから、岩城さんの著書を読むようになりました。例の「棒振りの~」シリーズ。おおらかなで暖かい岩城さんがそこにはいて、ステージ外の出来事や珍事件など、ストレートに書かれている文章に好感を持ちました。

エッセイの中で印象に残っているのは、小さいころから音楽の英才教育を受けたわけでもなく、怪我をして入院している時に聞いたラジオから流れてくる木琴の演奏に魅せられて、親に木琴をせがんで買ってもらい(木琴を叩いていれば安静にしているからいいとご両親は思ったらしい)、ラジオだけが頼りなのでどうやって叩くのかを想像だけで工夫し(音を伸ばすのを片手でなく両手でトレモロするというのに行き着いた、など)、叩いているうちにどうやら足りない音がある(ピアノの黒鍵部分)ということに気付く、ということを繰り返した、という少年時代の出来事のこと。これを岩城さんは、この経験があって音楽に興味をもち、工夫することを覚えた、と言い、初めから与えられたのではなくて、まわり道をしたのが良かったんだ、と言います。高校の時にもティンパニなんてないから、机に円を書いたところを楽器に見立ててカタカタ叩いて、本番になって本物のティンパニを叩いて戸惑った、などの経験もあるそうです。
打楽器出身の指揮者はあんまりいないんじゃないか、と岩城さんはおっしゃっていましたが、少年時代の経験や、楽員と近い距離で指揮台にあがる岩城さんに、私は非常に親近感を持っていました。
 
オーケストラアンサンブル金沢の関西公演にもたびたび足を運びました。いつも生存する作曲家の新曲を積極的に取り上げていた岩城さん。岩城さんのおかげで邦人作曲家の素晴らしい作品をたくさん知り、聴くことができたようなものです。
何度も病気を乗り越えて元気な姿を見ることができたんですが、この数年で少し体が小さくなったような感じがしました。
つい最近まで指揮台に上がっていらして、しかもいつも音楽界の先頭を歩いていたような方でした。
ああいう方はもう他にはいらっしゃらないので本当に残念で仕方ありません。心よりご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:47  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。