2006年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.07.14 (Fri)

思ったよりも…

毎日蒸し風呂のような天気が続いていて、うんざりしております。
しかも梅雨の時期でありながら、予報は雨と言いながら晴れたり、さっきまで晴れていたのに突然雲が出てきてピカピカ雷が光ったと思ったら、スコールのようなバケツをひっくり返したような雨が降ったり、また気候についていくのも大変です。これでは8月が思いやられますね。

さて、先日出張で寄り道した時の話から。
久しぶりにスタインウェイのアップライトを触りましたが(スタインウェイについてはまた<ピアノレビュー>にて綴りたいと思いますが)、とてもヌケのいい音でコーンと鳴っていて、クールでクリスタルな響き、というのが耳に残っています。
世界の主要ホールの実に98%以上がスタインウェイのピアノを使用している、というのを何かで読みましたが、これはよく考えてみると、思いのほか偏っている現象だと思います。日本の主要ホールにおいては、それこそ100%に迫る割合だろうということは容易に考えられます。

何でそんなに偏りがあるのかと考えると、それは、スタインウェイが無難、という結論があるようにも思います。ベーゼンドルファーにしてもベヒシュタインにしても、それはそれは素晴らしい楽器で、スタインウェイにも劣らない、別の魅力を持った楽器であることは間違いないのですが、あまりにもスタインウェイが有名であり演奏家もこぞって賞賛する、国際的なピアノコンクールでも使用されるというのもあって、<スタインウェイが基準>のような風潮があるような気がします。
実際に触ってみると確かにスタインウェイは素晴らしい楽器であることがわかるのと同時に、スタインウェイはかなり個性的な楽器であると感じられると思います。これが物差し的な楽器になっているということは、色んなホールのあちこちにスタインウェイその楽器がきちんと理解されているのかどうか疑わしい現実を思えば、ちょっとぞっとしますね。こんなに個性的な楽器が、ほとんどの主要ホールに納入されている、というのは、かなり甚だしい現象だと思います。
ブランドイメージが先に行く、というのは本末転倒でもあります。

最近では、滋賀県の栗東のさきらというホールにファツィオリが納入されていたりする例がありますが、全国の地方に良いホールができて、楽器にこだわりを持つホールも出てきています。
聴く側も演奏する側も、あんまり流されすぎないようになりたいものですね。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:14  |  日々の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。