2006年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.09.05 (Tue)

フランス近代  セヴラック

マイナーな作曲家、とはいうものの、その魅力を感じた人はおそらくずっと愛聴し愛奏するのではないか、と思われるセヴラック。
今回は、まだ彼のピアノ作品を聴いたことのない人や弾いたことのない人にぜひとも接していただきたいと思うセヴラックです。
例によって、独断と偏見でのオススメ作品は色字で…。

デオダ・ド・セヴラック(1873-1921)はフランスのラングドッグ地方の貧しい貴族の家に生まれました。幼少期はまず地元のフェリクス聖堂のオルガニストに学び、ソレーズ校でオーボエ、ピアノ、オルガンを学びます。その後トゥールーズで93年から3年間音楽を学んだ後、パリに出てスコラ・カントルムでダンディに作曲を、マニャールに対位法を学びました。
しかし彼はドビュッシーにも興味を示し、またフォーレやアルベニスとも交友を深め、ショパンやシューマンの詩的な世界をも愛したといわれます。
その後都会の生活が合わなかったのか、1910年に故郷のラングドッグへ戻り、故郷の聖ピエール教会でオルガニストを務め、村の吹奏楽団を創設したり故郷の人々と過ごしながら、元来病弱な彼は1921年に47歳で亡くなりました。
ドビュッシーは彼の作品を 「とても素敵な香りのする音楽」と評したといわれています。
現在セヴラックの作品はそのほとんどがピアノ作品で知られています。

私見ですが、1908年に作曲された「日向で水浴びする女たち」はまるで、モネなどの絵画を音楽にしたかのような印象を受けます。実に生き生きとしています。
また、1911年作曲の「休暇の日々から」という曲集には、小品がたくさん集められていて、素朴な響きがします。シューマンとの類似性も指摘される作品でもあります。
また、1908-11年にかけて作曲された「セルダーニャ」も素朴な香りのする素敵な作品です。

セヴラックの作品は、和声ではシャブリエやドビュッシーなどの影響を受けながら、より簡素でひなびた感じで明るく開放的な作品です。
もっと多くの方に聴かれ、演奏されてもいいのではないか、と思います。
CDもここ最近のセヴラックの再評価からいろいろ出ていますが、舘野泉さんのアルバムの演奏が素晴らしいのでご紹介します。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:11  |  フランス近代音楽  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。