2007年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.06.30 (Sat)

6月のピアノのおけいこ

6月は思ったより練習時間が取れない状態で、案の定やはり進捗が悪かったので持ち越しの課題がありますが、あせらずマイペースで練習できました。

<6月のおけいこ内容>
①HANON 14~16 、 39のスケールと41のアルペジオD♭dur,Fmoll
 アルペジオ中心にこれらのスケールを練習。

②CZERNY ETUDES Op.849 No.25
 25番はアルペジオ。レガートを意識してゆっくりから練習。以前、同様のアルペジオでは力みがちだったのでその点も注意。テンポを指定の138に対し92までテンポを上げ練習したところです。来月も持ち越して仕上げに持っていこうと思います。

③BACH INVENTIONEN No.6
 先月のツェルニーのシンコペーション練習の延長。と思ったら、バッハによると、このシンコペーションによって得られるアゴーギグによりカンタービレとレガートの奏法を習得する目的があるようです。そして、これを左右交互に練習するように転回対位法で作曲されています。なかなか奥が深いのです。28小節以降に頻繁に出てくる細かい装飾のパッセージがクセモノで、これと左手のアーティキュレーションが上手く結合してくれなくて困りました(苦笑)。まだまだ引き込み段階にも至らないのでこれも7月持ち越しです。
 
④Grieg An den Fruhling
 6月はメロディーの歌い方とバランス、ペダルの研究。テンポプリモからが難しい、と思っていましたが、しっかり歌おうと思うと最初から22小節までの部分が実はかなり難しいのです。ここまでの部分とテンポプリモからの部分が全然違うものになってしまう。。。テンポプリモからの歌も左手に気がとられてしまいがち…。これも7月は持ち越し。

7月は仕事の休暇を取得しているので、またまた練習できる日が少なそうですが、ゆっくり練習していこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:38  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.06.27 (Wed)

吹奏楽は現代曲の宝庫

クラシックで”現代曲”というと、何だかとっつきにくいイメージが先行してしまいます。
シェーンベルク以降、12音技法からセリーや偶然性の音楽など、従来のメロディーやリズムから離れてどんどん音楽がとっつきにくくなる傾向もあります。
しかし、今私達と同時代に生きる作曲家の作品を聴く、というのは、考えてみればとても重要なことなんですね。現代音楽だからって全部が全部そういう音楽でもないのだから機会があれば聴いてみたい、とは思いますが、実はそんなに聴く機会があるわけでもない状態です。

意外と知られていないのは、吹奏楽の作品はそのほとんどが”現代音楽”だということ。一昔前までは、たしかにクラシックのオーケストラ作品に比べて内容に深みがなく、魅力的な作品が乏しい状況でしたが、1980年代以降、作曲家も新たな響きを求めて吹奏楽の作品を作曲することが増えています。それもそのはず、以前から日本はアメリカの音楽教育を真似て、吹奏楽とその教育的な作品を輸入していた、という背景もあるのだろうと思われます。つまり吹奏楽は学生がクラブ活動でするもの、という認識は現在は異なっています。現在はその域を脱して、新たな魅力ある作品が積極的に生まれています。
特に日本人作曲家の吹奏楽作品は充実していて、三善晃さん、間宮芳生さん、兼田敏さん、保科洋さん、池辺晋一郎さんなどが吹奏楽作品を積極的に作曲されています。真島俊夫さんの作品も私は個人的には好きです。

吹奏楽はクラシックと一線を画している、と思われがちなのですが、こういう方の作品を聴いていくとそんな風には感じられません。ウィンドオーケストラ独特のオルガンのようなサウンドや、色彩的な響きが作曲家が吹奏楽の可能性を見ているのだろうと思います。
実際、クラシックの指揮者が吹奏楽を指揮するケースも増えており、後は聴く側と演奏する側が垣根を取っ払えばそれぞれの魅力が味わえるようになるのだろうと思いますが…。

昔の「吹奏楽」のイメージとは違っています。是非聴いてみてほしいです。

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:57  |  音楽雑記帳  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.06.23 (Sat)

伝統を受け継ぐ

いままでずっと活躍されてきた作曲家や演奏家の方で、まだまだ活躍されるだろうと思っていた方が亡くなる、ということが私自身よく感じるようになってきました。ずっと活躍してきた方なので、活躍しているのが当たり前に感じていると突然亡くなられるとやはり驚きますね。
何とか「旧き良き時代」を知っている世代の存命中に、そういった方々から私たち若い世代が受け継いでいかないといけないものの、その世代のすぐ下の世代が<団塊の世代>といわれる世代で、このあたりから「大切なものを受け継ぐ」ということが途切れてきているような感じがします。若い世代に伝わらないとそこで途絶える、ということは<文化が受け継がれない>という状況なわけで、考えてみると非常に恐ろしいことなのかもしれません。
音楽においても、それなりの域に達した演奏家の方々は若い世代に伝えるために色んな活動をされていて、中村紘子さんの浜松での活動や、小澤征爾さんのオペラ塾などはそのよい例なのかもしれません。
音楽とは関係ない他のジャンルでは、どうなのかなぁと思って横目で見ているわけですが、どうにも歯がゆい状況ではないかと個人的には思っています。
例えばお笑い。私は関西人なので今でも新喜劇や漫才等テレビでも放送されていてよく見るわけですが、「お笑い芸人」という方がお笑い芸人として芸を披露している番組が非常に少なく、出演している番組はトーク番組だったりします。しかも、芸人のウチワの話を暴露するようなものが多いですね。『落語ができない落語家』や『漫才しない漫才師』、もっと言えば『歌わない歌手』などゴロゴロいるわけで…。こんなことで良いのかと普段から気になっています。
受け入れる側が良識を持って判断しないとどんどん流されてしまう、ということになるので、この辺意識しないといけないな、と思います。

EDIT  |  14:03  |  日々の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.21 (Thu)

次回は吹奏楽

雨入りが発表されてから、なぜかいっこうに雨が降らない日が続いています。やっぱりその季節に似つかわしい天気でないと、晴れていても逆に変な感じがしてしまいます。今年は梅雨の期間が短くあんまり雨が降らないようなので、やっぱり降るときにしっかり降ってもらわないと後で困ることになりそうですね。

さて、ウチの息子も好きな「題名のない音楽会21」ですが、次回は宮川彬さんの吹奏楽特集のようです。
宮川彬さんは、これも息子が好きな番組の一つであるNHK教育番組の「クインテット」で出演し、編曲を手がけていらっしゃいます。「クインテット」ではかなり変則的な編成で、ピアノ・ヴァイオリン・クラリネット・チェロ・トランペットが基本編成で、この編成でオッフェンバックの「天国と地獄」やモーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、ビゼーの「カルメン」などを短いバージョンで演奏しています。また、宮川さんは大阪フィルでポップスコンサートなども定期的に行なっていらっしゃいます。
今回は宮川彬さんの父である宮川泰さんの曲を編曲して演奏したり、自身のヒットしたマツケンサンバなどをするようです。
近年吹奏楽は指揮者や作曲家・編曲家からは、注目されてきているので、今回の宮川彬さんの放送も気になるところです。

さて、この番組、羽田さんの後の司会は誰がされるんだろう?と個人的には気になっています。以前の黛さんのときのような、作曲家目線の楽しいクラシック番組や、この前の羽田さんのあらゆるジャンルを知り尽くした幅の広い番組と、各司会者の個性が生かされた番組になっていたので次の司会者が気になります(笑)。この番組の適任者って意外と難しいのかもしれません(笑)。

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:00  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.19 (Tue)

最近の練習は…

いよいよ梅雨の時期ですね。ジメジメ、ムシムシして楽器にも良くない季節ですね。

最近はいろいろと忙しくてなかなかブログも更新できない日が多かったりしますが、練習は短い時間ながらもコツコツと楽しみながら進めています。
バッハのインヴェンションの6番を今練習していますが、曲に慣れていくのに時間がかかります。よく「難易度」というのがありますが、バッハのインヴェンションは難易度が低く書かれているのを見ますと、どうにも間違っているように思えてなりません。じっくりと見ていくと、バッハの息子に書いた教育用練習曲(演奏はもちろん作曲としても)なのに、これだけ内容を凝縮して書いているのにはため息が出ます(笑)。
これまで練習した曲も復習するものの、しばらく弾かないと悲しいことに弾けなくなってしまうものですね。ちょくちょく弾いていかないと…。流して練習してしまうようなことにはならにようにしないといけないですね。

また、グリーグの抒情小曲集の「春に寄せて」を練習中ですが、これはメンデルスゾーンの無言歌を思わせるようなところがあって、バランスを意識して旋律を歌ういい練習になっています。音楽的に弾こうとなると相当難しいです。
あんまり時間はとれないですが、地道にやっていこうと思います。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:41  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.06.15 (Fri)

図書館で借りたCD バッハ/フランス組曲

先日、近所の図書館でCDを借りてきました。
以前は随分とCDを購入していましたが、最近はゆっくり聴く時間もないのとお小遣いの節約とで図書館を大いに利用しています。
今回借りたのはバッハのフランス組曲。曽根麻矢子さんのチェンバロです。

バッハ:フランス組曲(全曲) バッハ:フランス組曲(全曲)
曽根麻矢子 (2000/09/27)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る


以前、子どもの頃にピアノを習っていたときは、どうにもバッハが嫌いで聴くのも弾くのもイヤなものでした。バッハというよりバロックの面白さが全然わからず、退屈で眠くなる音楽に感じていましたが、いつの頃からかバッハも聴くようになり、管弦楽組曲やブランデンブルグ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、オルガンなどの作品は聴くようになってきました。
チェンバロの作品はあんまり聴かず、イタリア協奏曲や半音階フーガの入ったスコット・ロスのCDを持っている程度で、その他は全然聴いてきませんでした。
でも、やっぱりピアノを再開して、子どもの頃イヤだったバッハを自分からやってみようと思い、インヴェンションを始めてきましたが、そうすると他の曲もやはり気になる、ということで、いずれやってみたいフランス組曲のCDを借りてきたのでした。
ゆっくり聴いて見ようと思います。

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:13  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.06.13 (Wed)

最近の息子のお気に入り

CDプレイヤーが修理から帰ってきてから、ゆっくり音楽を聴きたいとは思うのですが、仕事が忙しくなかなかゆっくり聴く時間がとれません。
その私のステレオのシステムは2階にあって、普段は1階にあるミニコンポでしのいでいる状態です。
必然的にウチの息子も童謡などの音楽はそのミニコンポで聴いているわけですが、先日修理から帰ってきたCDプレイヤーを繋げた2階のシステムを二人で聴いてから、私が帰宅して2階に着替えに上がると息子も後ろからついてきて「CD聴きたい」と言うものの、私が「また一緒に聴こうね」とはぐらかそうとすると息子は「CD聴きたかったの…」とベソをかく始末です(苦笑)。
1階のミニコンポで音楽が聴けるように私が選んだCDを数枚置いていますが、最近はソロ楽器のCDをかけると、「これ、ピアノだけ?」と私や妻に聞いてきてソロだとわかると、「オーケストラにして」と注文します。色んな楽器が入っている方が興味深いようです。
そんな息子が聴いているCDで特に息子が気に入っているのがベルリオーズの幻想交響曲。第5楽章が好きらしく、どうやらあのハデハデ具合がいいようです(謎)。

ベルリオーズはフランスの作曲家で当時としては革新的な管弦楽法が使われた作品が多いのですが、ベルリオーズの前の世代の作曲家を見てもこんな作品を書くような作曲家がいない、というところからすると、ベルリオーズは突然現れた異端な作曲家のようです。どういう影響でこういう作品を書くようになったのかどうもよくわかりません。
ベートーヴェンがあの9番目の交響曲を書いてから数年後にこの幻想交響曲が作曲された、ということを考えるとかなり特異に感じますね。

この曲は私は個人的にも好きな曲なのですが、持っているCDは3枚あって、バーンスタイン/フランス国立管弦楽団のもの、ドホナーニ/クリーヴランド管弦楽団のもの、コリン・デイビス/ロンドン交響楽団のものですが、息子には比較的聴きやすい(というかクセのない)ドホナーニ盤をかけています。

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  22:45  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.10 (Sun)

CDプレイヤー修理完了!

この週末、お天気が変わりやすく、文字通り”猫の目”のように変わる天気。当初土曜日に予定していた会社の同じ部署の家族とのバーベキューも日曜日に変更になりました。
そんなわけで日曜日の予定を土曜日に変更。そう、4月末に依頼していたCDプレイヤーの修理が完了したとの連絡があったので、受け取りに行ってきました。
私のCDプレイヤーはイギリスのミリヤドなのですが、修理には大阪の販売店から東京の代理店に郵送し、一部部品をイギリスに発注して部品到着後の修理、ということで時間がかかってしまいました。
かかったのは部品だけではなく、修理代も…。修理代約4万円ナリ、でした。
帰宅後、接続して電源を入れ、おそるおそる息子と一緒に聴いてみました。
「おお、この音だ!」と、ちょっと感動(笑)。。これで安心して聴けそうです♪

ちなみに、修理後に初めて聴いたのは、コリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団のドヴォルザーク:8番のシンフォニーでした。これを息子と聴いたのですが、2歳半の息子、2楽章は割愛したものの、1,3,4楽章を私の膝の上で真剣に聴いておりました。もちろん途中で、「トランペットや!」、「フルートだ!」、「ピチカートしてるで!」と大騒ぎでしたが…(笑)。この子は当然未就学児ですが、一緒にコンサート行ったらちゃんと最後まで楽しんで聴いてくれそうです。

テーマ : 日記 ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:26  |  日々の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.06.08 (Fri)

梅雨も近い/訃報

だんだんと蒸し暑くなってきました。そろそろ梅雨の時期ですね。
こちら関西ではだいたい田植えも終わり、夜になるとカエルの声が響いています(笑)。
梅雨の時期になると、ヴァイオリンなどの弦楽器やピアノも調子が気になります。湿気を含むと木が膨張し、響きもこもってしまうので楽器には良くないですね。雨の日は戸を閉めないとトラブルが起こってしまいそうです。雨の日は戸を開けていると湿度が恐ろしく上がってしまいますので、皆様ご注意ください。

さて、今頃知ったのですが、ピアニストでアレンジャーの羽田健太郎さんが亡くなられました。58歳という若さです。
もともとクラシックをバリバリ弾いていて、日本音楽コンクールでも3位に入る腕前。クラシックの道へは進まず、ポピュラー音楽の編曲やテレビドラマ(「渡る世間は…」から「アバレンジャー」まで)、映画(「積み木くずし」から「子像物語」)、アニメ(「マクロス」や「三丁目の夕日」など)本当に幅広く活躍されていました。
アレンジャーとしての腕前もとてもセンスがよく、この方のアレンジは私も好きでした。
最近では、私の息子の好きな「題名のない音楽界21」の司会もされていましたが…。残念です。
ご冥福をお祈り致します。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:52  |  日々の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.06.06 (Wed)

発表会のシーズンか?

6月に入り梅雨も間近に迫ってきて、少し蒸し暑くなってきました。
私にとってはいつものことながら、季節の変わりめであるこの時期は風邪をひきやすく、注意しようと思った矢先、ノドに違和感があったので病院へ。案の定風邪だったので、薬を頂きました。皆さんもご注意くださいませ。

さて、最近はお友達のブログでも、近所の小ホールでもピアノの発表会が行われているようです。近所では先日の3日に関西某大手楽器店のこの地区の発表会が朝から晩まで行われていて、私は息子と午前中に覗きました。目についたのはビデオ録画している親御さん、フリフリのドレスを着てロビーを走り回っている子どもの姿でした。

そこでふと思ったのは、「発表会の曲ってどうやって決めたのだろう?」ということ。ピアノを習っていた子どもの頃は、先生が2,3曲用意していて、先生が弾いてくれた中から選んだような記憶があります。大人になってから再開された方はどうやって選んでらっしゃるんだろう?と習っていない私は気になるのでした。
普段練習している曲とは別に発表会用の曲を選んで練習するのでしょうけれど、先生と相談しながら弾きたい曲を選ぶ、というところでしょうか?
私の場合再開してからは経験がないので、少し気になるのでした。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:45  |  日々の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.06.03 (Sun)

芸術劇場から:舘野泉さん

先日の教育テレビの「芸術劇場」で、舘野泉さんが出演されていました。
この前もこのブログでセヴラックの記事を書いた時に、舘野さんのセヴラックのアルバムについても書きました。
<左手のピアニスト>という呼び方をされるようになった舘野さんですが、この日の放送では作曲家吉松隆さんとの出演で、左手のための作品を委嘱していることから2曲スタジオで演奏されました。
舞台で倒れられて復帰するまでのお話では、お話の途中で感極まって言葉につまりながら、涙をこらえながらお話され、音楽ができること、ピアノを弾くことが本当に楽しいとおっしゃる舘野さんの気持ちがストレートに伝わってきました。
スタジオでの演奏も素晴らしく、コンサートに行きたくなってしまいました。
舘野さんの活動では、募金を募りそれを作品の委嘱に利用しています。そしてできる限りその作品を出版するようにお願いしている、とのこと。こういった活動が、これまでの舘野さんの演奏と人柄によって多くの作品を生み出すこととなっていることは、本当に素晴らしいことだと思います。

近所の図書館に確か舘野さんの最近のアルバムがあったと思うので、また借りてきて聴いてみようと思います。

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:00  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。