2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.08.27 (Mon)

高槻音楽コンクール2

土曜日に引き続き、高槻音楽コンクールの一般の部にも少しですが出掛けてきました。
一般の部は、ピアノ部門、弦楽器の部、打楽器部門、管楽器部門、声楽部門の順で行われました。
最後まで聴きたかったのですが、ピアノ部門のみ聴いてきました。

ピアノ部門は37人が出演。あまりにも人数が多いので曲の途中で終了する方式でした。演奏される曲は「ソナタ」の名の付く作品が多く、ベートーヴェン、シューマン、シューベルト、ショパン、プロコフィエフ、デュティーユ、ベルクの各ソナタ。
不満なのは演奏時間。わずか1人3分程度で切られていたので、ソナタの形式からすると、ココというところに到達する前に終わりということが多かったことです。これは聴いている側からすると、ちょっと残念でした。
演奏の持ち時間はもっとあったような気がしますが、どうだったのでしょう?そういうことを承知でこういった選曲、というのはちょっと首をかしげます。

当然ながら技術的に相当なレベルにある方々ばかりで、あとはその音楽ということですが、これが意外とはっきり見えてきます。いずれも音楽の流れのある演奏は、聴いていてその音楽に入っていける演奏で、そういった演奏をされた方が入賞しているようでした。

本当は次の弦楽器、管楽器や声楽が聴いてみたかったのですが、会場を後にしました。賞の発表は最後に行われたようですが、先に演奏を終えた方が後の方、違った楽器の演奏を聴かれていたのか、ちょっと気になります。
前回も書いたことですが、いろんな演奏、自分とは違う楽器の演奏、声楽を聴くことによって、いろんな刺激があるだろうと思います。
この刺激を次の演奏に生かして、さらにいい演奏を聴かせてほしいですね。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:52  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。