2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.19 (Sat)

暗い見通し 関西クラシック界 1

長い冬が終わり、暖かで穏やかな春になり気持ちも心なしかさわやかに感じるようになってきました。
しかし…。関西のクラシック界は非常に暗い話題で持ちきりです。

今年2月以降、注目を集める橋下大阪府知事の緊縮財政施策ですが、これまで結果の見えない投資はできないと難波の「ワッハ上方」についても移転等が問題になっておりました。この波がとうとうクラシック界にも波及しています(yahooのニュース記事)。
大阪フィルハーモニー交響楽団と、大阪センチュリー交響楽団に対する大阪府の今年度の補助金が、いずれも削減されていたのです。4つの大きなオーケストラのうち、あとの関西フィルハーモニー管弦楽団と、大阪シンフォニカー交響楽団への補助金も予算化が見送られ、復活は不透明、とのこと。
この関西の4大オーケストラについては、このブログでも以前とりあげましたが、資金難が原因でオーケストラ合併案も出ていました。この問題が先送りになった矢先の今回のニュースです。実際、大阪府からの各オーケストラに対する平成19年度の補助金の額は、新聞によると次のとおりです。
 大阪センチュリー交響楽団    4億2000万円  
 大阪フィルハーモニー交響楽団    6800万円
 大阪シンフォニカー、関西フィル 100~150万円
今回の補助金見送りによって一番影響を受けるのは間違いなく大阪センチュリー交響楽団です。団の存続さえ危ぶまれるということで、署名活動も始まっているようです。しかし、意外と関西フィルや大阪シンフォニカーは補助金を受けていません。
大阪府音楽団を母体とする大阪センチュリー交響楽団はバブル期の潤った税収によって設立されているという経緯もあり、実際、90年代は積極的にマイナーな作品をザ・シンフォニーホールを本拠地としてとり上げ、クラシック愛好家を唸らせるプログラムを組んできました。これも補助金あってのことで、バブル期に設定された補助金を維持できないのは、社会情勢というより常識で考えても理解できます。しかし、この補助金がなくなれば、指揮者や楽員を維持できない、コンサートの宣伝も限られ、優れたソリストも迎えられないことになります。まさに存続の危機です。

バブル期には、地方に素晴らしいコンサートホールが建てられ、自治体がオーケストラを設立したり、様々な音楽祭を自治体が行ったりしてきました。これは、<文化を育てる>というアピールのためだけに行ってきたのか、という疑問を抱かずにいられません。文化が根づくようになるまでには当然ながら何十年という長い時間をかけて暖め、育てていかなければなりません。そんな2,3年でできるわけがないのです。
当時は自治体という安定した収入(税収)をバックボーンとして、優秀な楽員でコアなプログラムを行い、豪華なソリストや指揮者を招いてきました。そもそもオーケストラ運営だけで黒字を維持できるオーケストラはほとんどないわけで、こういった補助金に頼らざるを得ないのが現状です。
今後について未だ見通しがたっていませんが、動向に注目したいと思います。

スポンサーサイト
EDIT  |  14:36  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.04.07 (Mon)

モーツァルトの苦悩に迫る

近畿では今日の雨で満開の桜が散り始めました。
このところの気温の変化についていけず、家族4人は順番に風邪をひいています。皆様もお気をつけ下さいね。

さて、私がときどき見るテレビ番組で、NHKの「その時歴史が動いた」という松平アナが司会する番組があるのですが、次回4月9日放送は「音楽の市民革命~モーツァルトの苦悩~」と題して放送されます(詳しい番組のHPはこちら)。
この番組の放送予定を見ると、オペラ「魔笛」が「特権階級のものだった音楽を、多くの市民に解放した」として紹介されています。

モーツァルトについては、ザルツブルグでの大司教との決別によりウィーンを活動拠点にして、ヨーゼフⅡ世の恩恵を受けフリーの音楽家として活動していたことはあの映画「アマデウス」でも知られています。同時にこの時代にフリーの音楽家というのは大変珍しく、宮廷音楽家として仕えるのが一般的だったことや、モーツァルトの晩年にはヨーゼフⅡ世の死去やモーツァルトの最大の理解者である父の死去、モーツァルトのウィーンでの評判の陰りが顕著となり予約演奏会も空席が目立つ状況なども重なった背景なども考慮しなければなりません。
そこで、モーツァルトの死の9ヶ月前にザルツブルグ時代の台本作家シカネーダより仕事がなく生活に困っていたモーツアルトにオペラ「魔笛」の依頼があったわけです。この二人の関係は例の秘密結社フリーメイソンの会員であったことがきっかけのようです。これがフランスでのフランス革命に関係している事実からすると、活動内容ははっきりしないものの何らかの自由思想による組織だったようです。
事実、このオペラがフリーメイソンのさまざまなシンボルや教義に基づく歌詞や設定が用いられていることもあり、例えば序曲の冒頭と中間部やザラストロ神殿でも登場するあの和音がフリーメイソンの儀式で使用されることや、オペラ後半の修行と試練などもフリーメイソン的精神を反映しているといわれています。

これらの内容が番組でどう関連付けられているのか興味のあるところです。
しかし、ドイツ語でDie Zauberflöte、英語でThe Magic Fluteを邦訳で「魔法の笛」とせずに「魔笛」としたのか、私には不思議でなりません。
どちらにしても、モーツァルトが魅力的な旋律あふれる親しみやすいオペラを作曲したことが素晴らしいですね。
私も以前、ウィーン国立歌劇場にてこのオペラを斬新な演出で観ました。とってもいい思い出のあるオペラです♪
EDIT  |  22:50  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。