2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.08.17 (Thu)

子どもと行くコンサート

お盆休みも終わり、今日から仕事。でも今日と明日の二日働いて土日なので気分的には楽ですね。

昨日は、子どもに初めて生演奏体験をしてもらおうと京都に出かけました。耳が鋭敏な乳幼児の時期に生演奏に接するのはいろんな意味で良いと言われていますが、実際はというと、演奏会には乳幼児が入れないことが多いんですね。
そんな演奏会が多いことに疑問を持った、乳幼児を持つ女性のオーケストラプレイヤーのお二人が、子どもが楽しめるようなプログラムでのコンサートを企画しています。
昨日のコンサートではトータル45分間のミニ・コンサートでした。編成はヴァイオリンとチェロ、ピアノの三重奏。前半に短いクラシック曲(バッハの無伴奏チェロ組曲など)を2曲と、手遊び歌を2,3曲、その後「動物の謝肉祭」から数曲といった内容でした。
途中で手遊び歌を入れたり、「動物の謝肉祭」では関連付けた曲を少し弾いてみたりと、子どもが興味を持って楽しめる内容でした。

ウチの子どもも、ヴァイオリンやチェロは生で初めて見たので、じ~っと目をまんまるにして見ていました。例のNHKの「クインテット」の人形劇を見ているので、これとつながったようで興味津々でした。ピアノもウチのアップライトと違ってグランドだったので、手を広げて大きいピアノがある、とアピール。曲の演奏が終わると自分から手を叩いて喜んでいました。

なかなかこういう機会って、あるようで殆んどない、というのが現状です。お値段もとてもリーズナブル(一人500円)とあって、大変良かったと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:33  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。