2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.09.05 (Tue)

フランス近代  セヴラック

マイナーな作曲家、とはいうものの、その魅力を感じた人はおそらくずっと愛聴し愛奏するのではないか、と思われるセヴラック。
今回は、まだ彼のピアノ作品を聴いたことのない人や弾いたことのない人にぜひとも接していただきたいと思うセヴラックです。
例によって、独断と偏見でのオススメ作品は色字で…。

デオダ・ド・セヴラック(1873-1921)はフランスのラングドッグ地方の貧しい貴族の家に生まれました。幼少期はまず地元のフェリクス聖堂のオルガニストに学び、ソレーズ校でオーボエ、ピアノ、オルガンを学びます。その後トゥールーズで93年から3年間音楽を学んだ後、パリに出てスコラ・カントルムでダンディに作曲を、マニャールに対位法を学びました。
しかし彼はドビュッシーにも興味を示し、またフォーレやアルベニスとも交友を深め、ショパンやシューマンの詩的な世界をも愛したといわれます。
その後都会の生活が合わなかったのか、1910年に故郷のラングドッグへ戻り、故郷の聖ピエール教会でオルガニストを務め、村の吹奏楽団を創設したり故郷の人々と過ごしながら、元来病弱な彼は1921年に47歳で亡くなりました。
ドビュッシーは彼の作品を 「とても素敵な香りのする音楽」と評したといわれています。
現在セヴラックの作品はそのほとんどがピアノ作品で知られています。

私見ですが、1908年に作曲された「日向で水浴びする女たち」はまるで、モネなどの絵画を音楽にしたかのような印象を受けます。実に生き生きとしています。
また、1911年作曲の「休暇の日々から」という曲集には、小品がたくさん集められていて、素朴な響きがします。シューマンとの類似性も指摘される作品でもあります。
また、1908-11年にかけて作曲された「セルダーニャ」も素朴な香りのする素敵な作品です。

セヴラックの作品は、和声ではシャブリエやドビュッシーなどの影響を受けながら、より簡素でひなびた感じで明るく開放的な作品です。
もっと多くの方に聴かれ、演奏されてもいいのではないか、と思います。
CDもここ最近のセヴラックの再評価からいろいろ出ていますが、舘野泉さんのアルバムの演奏が素晴らしいのでご紹介します。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:11  |  フランス近代音楽  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

*Comment

■ショパンの泉って…

セヴラックの曲でしたっけ?…もしそうでしたら、それだけは聴いたことがあります。
楽譜はお店でパラパラっとめくったことがありますが、細かい音符がちりばめられているイメージがあります。
舘野さんは、北欧の曲が多いのかと思っていましたが、フランスの曲も弾かれるのですね。
小夏 |  2006.09.05(火) 01:14 |  URL |  【コメント編集】

■セヴラック・・・良いですね。

初めてお邪魔しなす。
静岡で木管五重奏をやっています。
私はホルンを担当しているのですが、
この秋、「休暇の日々から」を練習中です。
かなりマニアックな曲だと思っていたら、
ファンの方は意外に多いんですね。
ろば君 |  2006.09.05(火) 13:37 |  URL |  【コメント編集】

■そうです、セヴラックです>小夏さん

小夏さん、いつもコメントをありがとうございます。
ショパンの泉は、セヴラックの「休暇の日々から」第2集の中にある一曲です。この「休暇の日々から」は特に簡素で、シューマンを思わせる曲がたくさんあり、癒される感じがします。

舘野さんは20歳頃の時に初めてセヴラックの作品に接してずいぶんと惹かれたようで、デビュー40周年に満を持してこのアルバムを出されたようです。このアルバムの写真まで舘野さんが撮ったというほどの気の入れようです。
この後まもなく倒れられて、私も非常にショックを受けました…。
musika-toto |  2006.09.06(水) 00:13 |  URL |  【コメント編集】

■いらっしゃいませ♪>ろば君さん

はじめまして、ようこそいらっしゃいませ♪

木管五重奏をされているんですね。
こういう編成の室内楽をされていると、近代フランスものはキラ星のような作品が目白押しだと思います。
セヴラックの「休暇の日々から」を木管五重奏でされる、ということですと、やっぱり響きが重くなりすぎない、ということが気になりませんでしょうか?
フランスものはやはりフランス語と大いに関連があったり、詩や絵画からインスピレーションを得たり、ということがどうしても必要になってきますね。
セヴラックにも歌曲があり、CD(フランソワ・ルルーのバリトン、グラハム・ジョンソンのピアノ/英ハイペリオンから)も出ていますので参考にされると得るものが大きいと思います。

いきなりこんなこと書いて、余計なお世話だったらすみません。。

木管五重奏を吹奏楽の面々でされていると、結構マイナーかもしれません(笑)。
しかし、ピアノをされている方、クラシック音楽で近代フランスが好きな方でしたら、そんなにマイナーでもないと思いますよ。

またいらしてくださいませ♪
musika-toto |  2006.09.06(水) 00:31 |  URL |  【コメント編集】

■参考になります

そうですね。
管楽器から音楽に入ったので、セヴラックは聴くのも演奏するのも初めてです。
私どもがやっている木管五重奏という編成は、近代フランスで花開いた面があるのでレパートリーはフランス物がメインになります。フランス物のすごいところは、作曲者の有名無名にかかわらず、聞き手の感性にスッと入っていく感じだと思います。逆に演奏する側にとってセヴラックなどもドビュッシーやラヴェル、プーランクなどをやっていると、初めて演奏する気がしないのです。ピアノ曲のアレンジ物もかなり多いので、こちらのブログもまた参考にのぞかせて頂きます。
ろば君 |  2006.09.06(水) 08:35 |  URL |  【コメント編集】

■頑張ってください>ろば君さん

>私どもがやっている木管五重奏という編成は、近代フランスで花開いた面があるのでレパートリーはフランス物がメインになります。

管楽器の音色というのが、近代フランスものでは色彩感に不可欠な要素といってもいいくらいなんですね。

>ピアノ曲のアレンジ物もかなり多いので

これは全く知りませんでした。そうなんですね。
近代フランスもののアレンジ、ということですと、相当なオーケストレーション経験がないと、単なる音の置き換えになってしまって、意図する響きが得られない、ということになってしまいそうで、この点はかなり重要なポイントになってしまいそうですね。
ともあれ、近代フランスものは響きは軽くても音楽は深いので、聴くのはいいですが演奏するとなかなか大変そうですね~。。でもきっと楽しいだろうなと思います。頑張ってくださいね♪

>こちらのブログもまた参考にのぞかせて頂きます。

ありがとうございます。ぜひぜひ参考にならなくても(ってたぶん参考にならないような気が…)いらしてくださいね(そんな、大したこと書けませんので…笑)。
musika-toto |  2006.09.07(木) 00:18 |  URL |  【コメント編集】

■ロマンティックなワルツ

今頃どうもすみません。
リリー・ラスキーヌというハープ奏者がセヴラックのピアノ曲を編曲して演奏していました。セヴラックは初めて聴きました。
フランス印象派は奥深いですね。
このCDはその他イベールやサン=サーンスのハープ曲も入っていて眠る前に聴くことにしています。
石橋克彦 |  2006.09.13(水) 23:12 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございます>石橋克彦さん

セヴラックはあまり知られていないのですが、聴いていくと離れがたい心地よさがあるように思います。

そのうち取り上げる予定のイベールですが、ハープ作品は充実していますね。
musika-toto |  2006.09.14(木) 23:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。