2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.12.29 (Fri)

今年一年を振り返ると

ようやく今日で仕事納めでした。あとは大晦日までに家の大掃除を残すのみです(笑)。

今年一年を振り返ってみると…。
今年は私にとって大きな変化のあった一年で、それはやっぱり15年ぶりにピアノを再開したことです。
1年数ヶ月探して見つかった、私の気に入ったピアノが去年の12月24日に来て、そして年明けの10日あたりからピアノの練習を再開しました。
何から始めようか迷いましたが、とにかく楽しくピアノを弾いていきたい、ということを最も大切にしようと思い、それを忘れないようにこの一年は過ごせたかな、と思います。
でも、やはり基礎も大切だと思って最初の一年は指の基礎的な動きを重点に置こうと、ハノンとツェルニー、それにバッハのインヴェンションを始めました。
この一年は、
①スケールを一年かけて全調練習する
②基礎的な指の動きを何とかしたくてハノンとツェルニーの30番で固めていきたい
③指の独立と苦手意識をなくしたくてバッハのインヴェンションを練習する
④曲は弾きたい曲を自由に選んで少しづつ弾く
ということが当初の目標でした。

もっと具体的には、
・最初の1年でスケール全調、次の1年でアルペジオ全調
・ツェルニーの30番は1年半から2年かけて終了したい
・インヴェンションとシンフォニアは全曲練習して次にフランス組曲や平均律に入っていきたい

という目標もありました。特にバッハは、小学生の時にインヴェンションで苦手意識を持ってしまったこともあったので、もう一度挑戦したい思いもあるんですね(苦笑)。
曲については古典から近現代、邦人の作品も含めていろいろ弾いてみたい、というとても漠然とした考えでした。

今年は結局3曲練習しました。最初に弾いたのはシューマンの子供の情景の第1曲「見知らぬ国々から」。この曲も弾くのは簡単なのに左右の受け渡しやバランスが取れなかったり、歌うことの難しさを経験しました。いきなり苦手を発見して、現在も練習中のメンデルスゾーンの無言歌「甘い想い出」を練習したい、と思うようになりました。
シューマンの次に練習したのは、ラヴェルの「ボロディン風に」。誰かが家に遊びに来て、『何か弾いて』と言われた時に何を弾こう、というところから出発して選んだ、ちょっと動機が不純な選曲でした(笑)。
ドビュッシーは以前に弾いたことがありましたが、ラヴェルの作品はこれが初めてでした。
来年はもう少し曲を弾いていきたいと思います。候補にあるのはモーツアルト、メンデルスゾーン、ブラームス、ショパン、グリーグ、そしてセヴラックなどです。これについてはまた書こうと思います。


このブログも今年1月16日に立ち上げ以来、私が他のブログにお邪魔しても読み逃げばかりなのにもかかわらず、加えて少々重たい内容になりがちなのにもかかわらず、多くの方がこのブログに来てくださったり、何人かの大切なブログのお友達もできて大変刺激になりました。本当にありがとうございます。
ピアノ再開組の方のブログにもお邪魔したりすることもあり、そこでもいろんな情報を得ることができました。
また来年もよろしくお願いしますね。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:53  |  日々の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。