2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.01.31 (Wed)

1月のピアノのおけいこ

今月でピアノ再開1年を迎えました。
今年からスケールに加えアルペジオの練習を加えました。アルペジオはツェルニーでも何度か出てきましたが、そのたびに苦手なんだなぁ、と思いました。アルペジオも1年かけて全調練習していくつもりです。
また、バッハのインヴェンション15番とメンデルスゾーンの無言歌「甘い思い出」もここまでにして、次の曲に取り掛かろうと思います。

<1月のおけいこ内容>
①HANON 11~13 、 39のスケールと41のアルペジオCdur ,amoll
 11~13は変奏で練習。また、アルペジオはゆっくりから練習。スケールはアルペジオの近親調を練習。脱力が課題です。
②CZERNY ETUDES Op.849 No.20,21
 先月から引き続き20を練習。20は弾き込みから仕上げへ。21は譜読み段階。半音階、コレも苦手です。2月はできれば22も始めていけたらいいなと思います。
③BACH INVENTIONEN No.15,(13)
 12月から引き続き15。トリルの類が苦手。ゆっくりから練習してメトロノームで徐々にテンポアップ。楽譜を見ていると感心するのが16~18小節あたりの半音階的な進行と先行動機。間奏の部分の複雑な和声が弾いていても緊張感がありますね。ここのバスと18小節以降の主題の弾き分け、ようやくできるようになりました。見るからにニガテそうだった15番、なかなかいいやん、と思えるようになりました。
 また、13番も復習。少し弾かないと忘れかけてきてしまうので…。
 2月からは11と14で迷いましたが、14番を練習していくことにしました。

④Mendelssohn Lieder ohne Worte Op.19-1
 ようやく1月になって主題を聞いてバランスを考えて弾けるようになりました。そうすると19~20小節の右手のみのところが気になりだします。しっかり歌わないと<腑抜け>になってしまいます。あとはペダルで音を濁らさないこと。とっても難しいのに、曲そのものが何とも穏やかなので難しく聞こえません(笑)。この曲は一応これで終わりにしようと思います。とってもいい練習になりました。

さて、来月からの新曲はショパンの『マズルカop67-2』です。
久しぶりにショパンをやってみようと思い、いろいろ考えた結果、今までもほとんど弾いたことのないマズルカをやってみようと…。ワルツは外面的なところがあるのですが、マズルカは内面的というか、これまた表現が難しいと思いますが、どうなることやら…。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:43  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

■ショパン^^

>さて、来月からの新曲はショパンの『マズルカop67-2』です。

おぉ♪マズルカですね!
どんな曲なんだろう・・・って思って、ピカピカのマズルカ集を引っ張り出してきましたよ!(爆

私もちょっとだけマズルカを弾いたことはあるんだけど、たとえば1つのフレーズのどこにポイントを置いたらいいのかわからず、どうも淡々と弾いてしまって・・・マズルカならぬ、”マズルカ調ワルツ”になってしまっていました(笑

あれをピアノを知らない方が聞くと、絶対ワルツだと思っちゃうだろうなーというような・・・(笑
苦い思い出です・・・^^;
yu-ki |  2007.02.03(土) 07:47 |  URL |  【コメント編集】

■頑張ります>yu-kiさん

yu-kiさん、こんにちは!

>どんな曲なんだろう・・・って思って、ピカピカのマズルカ集を引っ張り出してきましたよ!(爆

yu-kiさんはいろいろと楽譜をお持ちですね。勉強熱心というか好奇心旺盛とういうか、見習わないと…。
そうそう、ちなみにこの前yu-kiさんのブログで話が出ていた「ドレミ楽譜」の「ピアノ名曲110選」のBとCを、実は私も持っていますよ♪私のは昭和58年のもののようです。ということは…私はこのころワルツのOp64-2などを弾いていた、ということになります(笑

>”マズルカ調ワルツ”になってしまっていました(笑

マズルカをマズルカとしての演奏をするのはとっても難しいと思います。ウィンナワルツをそう弾くのが難しい…これ、意識しすぎるとワザとらしさが残るので、まずは素直に弾いてみようと思います。結果、やっぱり”マズルカ調ワルツ”になりそうですが…。
いっそのこと関西人らしく”浪花節ワルツ”でいっとこか、とかちょと思います(爆
何せ、頑張りますわ。。。
musika-toto |  2007.02.03(土) 23:39 |  URL |  【コメント編集】

■偶然にも…

ピアノ再開1年おめでとうございます♪
musika-totoさんも2月から始められたのですね。私も今月から4年目に入ります。

そしてマズルカ…偶然にも、今日楽譜を買ってきたところです。
早速67-2を見てみましたが、7-1とはずいぶん違った雰囲気ですね。
たくさんあるマズルカの中から67-2を選んだ理由は何ですか?
私は、7-1の後は17-1を弾いてみたいです。弾かせてもらえれば…ですが(苦笑)。
それにしても、マズルカの楽譜って重いですね。
小夏 |  2007.02.04(日) 23:44 |  URL |  【コメント編集】

■マズルカ>小夏さん

小夏さん、こんにちは。
マズルカの楽譜を購入されたんですね。ちなみに、どんな版の楽譜なんでしょうか?
私の場合、今回は技術的にあまり難易度の高くないもので時間的にも短い、メロディを歌う練習になるものとして2曲選んだのですが、結局この曲にしました。
17-1はジャンジャン系ですね(笑)。そのうち私もそういう曲をやってみようと思います。
musika-toto |  2007.02.05(月) 13:28 |  URL |  【コメント編集】

■マズルカの楽譜

こんばんは。
マズルカの楽譜ですが、先生がショパンの楽譜はパデレフスキ版をということなので、パデレフスキ版を買いました。持っているワルツとノクターンも同じ版で揃えています。
小夏 |  2007.02.05(月) 23:55 |  URL |  【コメント編集】

■いろんな版>小夏さん

こんにちは、小夏さん。レスありがとうございます♪
やはりパデレフスキ版でしたか。エキエル版かパデレフスキ版を薦める先生が多いようですね。解釈版ではコルトー版も解説がしっかりしていていい、という話も聞きます。
しかし、パデレフスキ版はお値段も結構しますね。
musika-toto |  2007.02.06(火) 23:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。