2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.07 (Wed)

赤字のオーケストラ経営

先日、オーケストラのリハーサルについて書きましたが、昨日の「ワールド ビジネス サテライト」というニュース番組の特集で、『オーケストラの生き残りをかけた新しい試み』として放送されていました。
オーケストラの赤字続きは深刻で、これも前に書いたことがありますが、在阪オーケストラの統合問題などがあったりします。

昨日のそのニュース番組では、神奈川唯一のオーケストラである神奈川フィルと、先日私も書いた広島交響楽団についての経営見直しについての内容が具体的に取り上げられていました。チケットが完売し、満員でも赤字の場合があるとのこと。そこで楽団事務局が支出の大部分を占める人件費削減のため、大編成のオーケストラ作品を控える(例では神奈川フィルがサンサーンスの交響曲第3番が楽団員以外のエキストラが大勢必要でそれだけでも100万円余計に人件費がかさむ、といっていた)プログラムを見直す、ということかはじめているそうです。
最近ではドラマで「のだめカンタービレ」がヒットし、その関連のCDや漫画が売れ行き好調だそうです。
クラシックでは1万枚売れればヒットだそうですが、のだめ関連のCDは30万枚を超えているそうです。こうなると一種の社会現象とも言えそうです。
ひとつの”ブーム”になってしまわないように、やはり音楽が文化として根付いていく環境が大切というのは、もうイヤと言うほどわかっているのに、これがいつまでたってもできない、というのは何でだろう?と番組を見ながらしばらく考えさせられました。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:24  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。