2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.03.05 (Mon)

怪しい曲名

3月に入り『雛祭り』を迎えたのに、気温がぐんぐん上がって5月下旬並の陽気。今の季節は何だったのかわからなくなるような気候が続いています。今日は雨でしたが、この後冷え込むのでしょうか?

さて、昔からクラシックをいろいろ聴いてきてずーっと疑問に思っていることを少し。
クラシックの作品で日本でウケるのは、大体表題の付いた作品かニックネームの付いた作品が多いですね。
ベートーヴェンの交響曲でも、3番、5番、6番、9番が圧倒的に演奏される回数が多そうです。これには「英雄」、「運命」、「田園」、「合唱つき」とサブタイトル(?)が付いています。実際はベートヴェン自身がつけたのは「田園」だけのようで、3番は<ある英雄の思い出に>と走書きがあったとか、<運命はこのように扉を叩く>なんてもっともらしいことをベートーヴェンが言ったとか…。
そんなことはいいのですが、どうにも変な曲名、奇妙な邦訳がされた曲名がいろいろあります。
例えば、モーツアルトのオペラ「魔笛」。私は小さい頃、何でこの曲が「魔笛」なのか理解できず、漢字で書くと<悪魔の笛>のような感じがしてなりませんでした。確かに夜の女王はおどろおどろしいですが、それ以外そんなのないし…。大人になって原題「Die Zauberflöte」英訳して「The Magic Flute」、これで、なーんだ<魔法の笛>か!となりました。このオペラ、<魔法の笛>って何で訳さないんでしょうね。

他にもドヴォルザークの交響曲「新世界より」。「新世界」という人が多いですが、これも実はイメージが違いますね。まさか大阪の「新世界」を連想する人はいないでしょうが…。
ドヴォルザークが新大陸アメリカに渡り故郷ボヘミアに思いを馳せて書いたこの作品、アメリカそのものを書いたものではないんですね。でもドヴォルザークの語法の中にアメリカが少し入り込んだ作品ではあるようです。

他にもドビュッシーのピアノ作品子どもの領分の中の「雪は踊っている」。直訳したのがそのまま通っているから変なんですね。「雪は舞っている」としなかったのは何で?と思ってしまいます。

考えてみるとおかしいのがいろいろありますね♪
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:29  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

musika-totoさん、こんばんは!

「魔笛」、The Masic Fluteといわれると、「なるほど」という感じですね!
英語の方がわかりやすかったりして・・。
「魔笛」というと、固い、ミステリアスなイメージだし、「魔法の笛」と言っちゃうとおとぎ話のような、優しさも感じられますよね。
色々考えてみると面白いですね~。クラシックって、話題がつきることがないような気がします。
まりはん |  2007.03.05(月) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

■魔笛=The Magic Fluteでしたか!

こちらの記事をよんで、うんうん、と頷きました。クラシック曲には、もっと適した訳があったのでは?と思いたくなるようなタイトルって多いですね。ピアノ弾きにとって身近なところでは、ブルグミュラーがまさにそうです。子供の頃は、「そんなものかな」と思って、与えられた教本に書いてある日本語のタイトルを鵜呑み?にしていましたが、今あらためて見てみると、もうちょっと別の訳があるのでは?と思うことしばしばです。ではどんな訳がほかにあるか?なんて想像できるのは、大人ならではの楽しみ方でもありますね。
ruvhana |  2007.03.06(火) 23:17 |  URL |  【コメント編集】

■他にも探してみたいです

musika-totoさん、こんばんは♪
魔笛の意味、初めて知りました。
私もmusika-totoさん同様、悪魔系を想像していましたから(笑)。
他にもおもしろい和訳の曲を探してみたくなりました^^
小夏 |  2007.03.06(火) 23:58 |  URL |  【コメント編集】

■「魔笛」はやっぱりミステリアス>まりはんさん

まりはんさん、こんにちは。

>「魔笛」というと、固い、ミステリアスなイメージ

やっぱりそうでしたか(笑)。そういうイメージで捉えてたのが私だけでなかった、と思いました。一度気になりだすと、何で「魔法の笛」って訳してくれないのか?と「魔笛」という言葉を聞くたびにそう思います。

>クラシックって、話題がつきることがないような気がします。

そうですね。作品から演奏会のウラ話まで色んな話がありますね(笑)。
musika-toto |  2007.03.07(水) 00:15 |  URL |  【コメント編集】

■ブルグミューラー>ruvhanaさん

こんにちは、ruvhanaさん。

>ブルグミュラーがまさにそうです。

そうなんですか。もうちょっとこの訳何とかならないの?というのがあれば是非お知らせください(笑)。
確かに、変な訳だとその作品のイメージが違ったものになって逆に厄介ですね。
musika-toto |  2007.03.07(水) 00:24 |  URL |  【コメント編集】

■悪魔系…>小夏さん

こんにちは、小夏さん。

>悪魔系を想像していました

やっぱりそうなんですよね(笑)。
魔法の笛がタミーノを火の試練と水の試練から守ってくれる、ということになっていますが、タミーノの正義と勇気を笛が引き出してタミーノの背中を押した、ということに気づかないタミーノ自身が魔法の笛だと思い込んでいる、ということなんだと思いますが…。
何とも童話っぽいお話です。
どっちにしても「魔笛」では全然イメージが違いますね(笑)。
musika-toto |  2007.03.07(水) 00:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。