2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.04.23 (Mon)

親子コンサートに行ってきました

22日の日曜日に京都の音楽空間ネイヴでの親子コンサートに出掛けてきました。演奏は弦楽ユニット<こむし☆こむさ>。ヴァイオリンとチェロに客演のピアニストが入ったピアノ三重奏の編成です。

去年の8月に京都のアルティで行われた「動物園に行こう」で当時1歳8ヶ月の息子がとても喜んでいました。喜んでいたのは終わってから、家に帰ってからですが、聴いている最中はまばたきをするのを忘れるくらい、じーっと見ていました。
その後も、最近は日曜日の朝の「題名のない音楽会」やその夜寝る直前の「N響アワー」を必死に見ていますので、楽器には興味深々なので、今回も行ってみることにしました(笑)。

プログラムも子どもが退屈しないように工夫してあります。
初めに「To Love You More」「Top of the world」などのポピュラーを、続いて「愛の喜び」「ハンガリー舞曲」等のクラシック弦楽デュオで「春が来た」や「めだかの学校」、「山の音楽家」等童謡もあって、子どもたちは皆喜んで聴いていました。全部で40~50分くらいです。
私達親子は最前列の真ん中、チェロとヴァイオリンから3mの位置で聴きました。ウチの子どもは例のごとくあんまり楽しそうではないように見えて、ものすごく真剣にまばたきせずに聴いていました(笑)。
「山の音楽家」では子どもに鈴やタンバリン、カスタネットなどを渡してもらって、子どもも少し参加しました。
ウチの子どもは今日のコンサートを楽しみにしていたので(今度ヴァイオリンとチェロを聴きにいこうね、とこちらがあおっていたのですが)、集中力が切れずにチェロとヴァイオリン、ピアノの演奏を見つめていました。
プログラムが子どもにとって変化と工夫があって、ホントに良かったと思います。
小さい子どもにとって、生演奏を間近で見て聴いて感じることがとても印象に残るようです。その後も「ヴァイオリン」、「チェロ」、「ピアノ」と言っていました。そこで、三条の十字屋に立ち寄って楽器をいろいろ見せに連れて行くと、やっぱり目が点になっていました(笑)。

小さい子どもに生演奏を聞かせるのが良いとはいうものの、現実的にはあんまり小さい子どもに聞かせる機会はなかったりします。ホールのコンサートになると「○歳以上」と制限があったりします。
今回の演奏の方はオーケストラプレイヤーでありながら、ご自身が2歳や4歳の母親という立場なので、プログラムにしても、他の事にしてもいろいろ考えられています。「出演者控室」というのはありますが、今回は「親子控室」も用意して頂いて、おむつ替えや授乳、演奏中に機嫌が悪くなったりした時や席を立った時も親子控室横からも聴けるような配慮がありました。
子どもも喜んでいたので、また行ってみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:57  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

こんにちは~!

息子さん、音楽が好きなんですね~!
なかなか、就学前の子供も参加できるコンサートって少ないですよね☆
でも子供向けのコンサートだったら、子供も好きな曲なども入れて、親しみやすいプログラムになっているしいいですよね♪

「親子控え室」は気がきいていてとてもいいアイデアですね!
お母さん達にとっても、そういう気遣いは嬉しいだろうなあと思います。

まりはん |  2007.04.30(月) 10:55 |  URL |  【コメント編集】

■親子で楽しむ♪>まりはんさん

まりはんさん、こんにちは。

>息子さん、音楽が好きなんですね~!

好きなのに、傍でみていて楽しそうでないんですね(苦笑)。ひらすら凝視してました。

>「親子控え室」は気がきいていてとてもいいアイデアですね!

このユニットはオーケストラのメンバーで私の子どもと同じ年の母親、という立場だからこそのアイデアだと思います。確かに、小さい頃から音楽を、とか言われる割には、未就学児が気軽に音楽に親しむという機会が少ないですね。
こういうコンサートだと子どもの機嫌が悪くなっても、そんなに気にならないからありがたいです。
musika-toto |  2007.04.30(月) 23:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。