2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.20 (Sun)

見ましたか?見ましたよ!

前回の記事で書いていた「題名のない音楽会」、見ましたか?

ウチでは9時からテレビをつけて見ていました。
子どもは、今日はピアノだけ?!、と不満そうでしたが一応見ていました。
演奏はまず中村紘子さんのラフマニノフから始まりましたが、演奏が始まってすぐに”中村さん節”でした。
もうしばらく(って10年以上も)中村紘子さんのピアノを聴いていなかったのですが、以前に大阪フィルの演奏会でソリストで聴いて以来のような気がします。中村紘子さんの著書はいろいろあって、そのどれも面白くて大抵読んでいましたが、実際演奏に接したこともなく、CDでショパンの演奏を聴いたことがあったぐらい。そのショパンが個性的でどうにも私には合わなかったのを、今日のテレビを見ていて思い出しました。
今日のラフマニノフも個性的な演奏だったように思いますが、非常に表現豊かで聴き入っていました。

次の尾崎有飛さんのショパン、とてもきちんとした、というか、礼儀正しい演奏で軽やかでした。
最後は中村紘子さんのグラナドス。これはあんまり想像できなかったのですが、スペイン的というのとは違った情熱的な演奏。激しいところよりもゆっくりのところ、音がとてもきれいで見事に歌っておられました。

今回の放送ではテーマがあって、『ピアニストの条件』だったと思いますが、中村紘子さんの注力されている浜松国際ピアノアカデミーで実践している話を例に、目指すべき音楽教育の方向性について取り上げられていました。
2,3歳ごろから良い先生について始めること、周囲の良い環境が必要であること、そして体作りをすること、などでした。
2,3頃からの良い先生、って現実はなかなか見つけるのも難しいですね。

この最後の<体作り>について、今日のN響アワーでも重複する内容だったようにも思います。N響アワーでは、「声に出して読む~」で有名な斉藤孝さんがゲストで、言葉を声に出して体感させるプロセスについてお話されていて、池辺さんは、楽譜を音にして体感する音楽の演奏と似通っているということをお話されていました。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:30  |  音楽雑記帳  |  TB(1)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■見た~っ♪

プリキュアの後、子供たちを無理矢理付き合せてみました~(笑

鐘は小柄でいらっしゃるのにとてもダイナミック。こういう弾き方もあるのだなーと勉強になりました。先生のおっしゃりたいことがちゃんと伝わる演奏でしたね♪
アンダルーサも独特でしたね~!あの表現力には感服です^^

尾崎さんのワルツは、とても繊細な演奏・・・弾き姿から音色まで、澄んだ水色のような清々しさがありましたね^^

またこういう特集があるといいですね~^^
yu-ki |  2007.05.21(月) 15:48 |  URL |  【コメント編集】

■見ましたね>yu-kiさん

こんにちは、yu-kiさん。

>プリキュアの後、子供たちを無理矢理付き合せてみました~(笑

や、やはりプリキュア見てましたか。。

>こういう弾き方もあるのだなーと勉強になりました。

そうですね、とてもダイナミックな演奏でしたね。ホントによく歌ってられました。

>アンダルーサも独特でしたね~!

そうですね。中村さんがアンダルーサを演奏するのはちょっと意外でしたが、とても表現豊かな演奏でした。

この番組、フジコ・ヘミングさんの特集をよく放送するような気がします。何かまた特集あるといいですね。
musika-toto |  2007.05.21(月) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

■見ました~(録画)

musika-totoさん、こんばんは。
先日の記事を拝見し、録画予約をしておいて、昨日ようやく見ました!感想をブログに載せたのですが、例によってトラックバックさせていただきました。
鐘には本当に圧倒されました。曲に対するイメージが変わりましたね。自分ではまだ弾いたことがない曲なのですが、いつか自分で弾いてみたうえで、再度あの中村さんの演奏を聴いてみたいなと思いました。

今回の題名のない音楽会は、お坊ちゃんにとってはバイオリンが出てこなくて残念だったと思いますが、ピアノ弾きたちにとってはとても充実した30分でしたね。

題名のない音楽会、来月の宮川彬良さんの2週にわたる吹奏楽特集が楽しみですし、あと、7月でしょうか、一般公募によるオケの指揮者体験記の特集も待ち遠しいです。
ruvhana |  2007.05.24(木) 22:57 |  URL |  【コメント編集】

■返信遅れてすみません>ruvhanaさん

こんにちは、ruvhanaさん。亀レスになってしまいました。コメントありがとうございます。

>先日の記事を拝見し、録画予約をしておいて、昨日ようやく見ました!

私のブログでの紹介が役立っているようで良かったです(笑)。
トラックバック、結構ですよ。ありがとうございます。

>鐘には本当に圧倒されました。曲に対するイメージが変わりましたね。

かなりダイナミックな演奏で圧倒されました。テンポルバートもかなりされていましたね。

今後の放送もいろいろ楽しめそうなのがありますね。
そういえば宮川彬良さんは教育テレビで「クインテット」という子供向けの短い番組をされていますが、息子は毎日欠かさず見て興奮しています(笑)。
musika-toto |  2007.05.28(月) 23:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

題名のない音楽会 - 5/20放送分

先日の『題名のない音楽会21』には中村紘子さんが出演していた。musika-totoさんのブログで紹介されていたので、絶対に見なくちゃ!と思いつつ、(日曜の朝なので)寝坊したら・・・という心配があったので保険をかけて録画をし
2007/05/24(木) 22:47:49 | ソナチネに毛が生えた
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。