2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.06.15 (Fri)

図書館で借りたCD バッハ/フランス組曲

先日、近所の図書館でCDを借りてきました。
以前は随分とCDを購入していましたが、最近はゆっくり聴く時間もないのとお小遣いの節約とで図書館を大いに利用しています。
今回借りたのはバッハのフランス組曲。曽根麻矢子さんのチェンバロです。

バッハ:フランス組曲(全曲) バッハ:フランス組曲(全曲)
曽根麻矢子 (2000/09/27)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る


以前、子どもの頃にピアノを習っていたときは、どうにもバッハが嫌いで聴くのも弾くのもイヤなものでした。バッハというよりバロックの面白さが全然わからず、退屈で眠くなる音楽に感じていましたが、いつの頃からかバッハも聴くようになり、管弦楽組曲やブランデンブルグ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、オルガンなどの作品は聴くようになってきました。
チェンバロの作品はあんまり聴かず、イタリア協奏曲や半音階フーガの入ったスコット・ロスのCDを持っている程度で、その他は全然聴いてきませんでした。
でも、やっぱりピアノを再開して、子どもの頃イヤだったバッハを自分からやってみようと思い、インヴェンションを始めてきましたが、そうすると他の曲もやはり気になる、ということで、いずれやってみたいフランス組曲のCDを借りてきたのでした。
ゆっくり聴いて見ようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:13  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

こんばんは~!

私も同じなんです!
昔、バッハのよさがわからず、インベンションをやっていたものの、ものっっっすごくいやでした☆

でも不思議と今はこういうのもいいなって思います。
ほんと、musika-totoさんと同じように、自分から(いや。。私の場合は弾くまでにはブログのほかの方からの応援もありました)「インヴェンション」をやろうと思いました。
今は結構楽しくやってます♪
まりはん |  2007.06.16(土) 23:25 |  URL |  【コメント編集】

■奥の深いバッハ>まりはんさん

こんにちは、まりはんさん。またまた亀レスになってすみません。。。

>不思議と今はこういうのもいいなって思います。
今になってようやくバッハの良さがわかるようになったけど、それだけ難しいということなのかも知れませんね。論理的であり数学的でもあり、そして音楽的。深いです…。
今はインヴェンションをやっていますが、2声が終わったら3声をやりながら、このフランス組曲をちょくちょくつまみ食いしようかな、って考えています。

musika-toto |  2007.06.19(火) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。