2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.11.20 (Tue)

3歳の誕生日に

ずいぶんと肌寒くなってきました。すっかりスローペースになってしまったブログの更新ですが、記事を書いていないにもかかわらず、毎日覗きに来てくださる方がいらっしゃるようですね。ありがとうございます。

さて、もうかれこれ2週間前のことですが、息子の3歳の誕生日があり、私や妻の両親からも1ヶ月前から「何がいいのか言ってよ。」と言われていました。
妻の方の両親には「ひも通しおもちゃ」をお願いし、私の方の両親には「bilibo」というものをお願いしました。
「ひも通しおもちゃ」はいわゆるビーズ通しで、かわいい絵柄のついたおもちゃで手先の訓練にもなります。女の子なら喜んでやるでしょうが、ただ「丸」とか「楕円」とかのビーズを通しても男の子にはイマイチ面白くないような気がするので、ストーリーを考えてできるものの方がいいような気がしたため、ストーリー性のあるものをお願いしました。
「bilibo」とは、スイスの玩具で、基本はバランスチェアという位置づけにあるようですが、遊び方はいろいろです。ぐるぐる回ったり椅子にしたり、モノいれにしたり、頭にかぶったりと工夫できるものです。

で、私と妻からのプレゼントはいろいろ悩んだ末に、楽器に決定。
カスタネットやトライアングルも候補にありましたが、今回は「タンバリン」と「すず」にしました。
3歳のプレゼント


すずはYAMAHAのもの。高音用と低音用の二種類があるのですが、高音用の方にしました。

誕生日プレゼント「ベル」


ちょっと教育用という感じがしないではないですが、2連になっていて響き自体はそれなりにしっかりしています。これからの時期、すずはぴったりなので、鳴らし方は教えずにいろんな鳴らし方をして奏法によって音に変化があるところを聴かせてあげようと思います。

そして、「タンバリン」はこれにしました。

誕生日プレゼント「タンバリン」


タンバリンはいいものは皮が本皮で湿気を吸うとベコベコになるし、大人が扱うもので大きくて重量があるので、あくまで子供向きと思い探したら意外となかったんです。そんな中、打楽器のヘッド(皮)のメーカーのあの「REMO」から子供向きのタンバリンが出ていることを知りました。リムに絵が描いてあり、直径が15センチ、厚みが4.5センチと子供が持っても無理がないこともあり、これにしました。

タンバリンのヘッドにREMOのロゴ


実際に叩いてみると、小さいのに響きがあって、ヘッドもファイバーなのに(やっぱりここがREMOですね)マイルドな音がします。これもおもちゃではなくて、ちゃんと楽器です(って私が気に入ってしまった笑)。これもいろんな奏法を試してみると、子供はじーっと観察していました(笑)。面白かったのは、ヘッドを下にして膝の上にタンバリンを置いて両手でリムを指で早いリズムを叩くととても不思議がっていました(笑)。何でヘッドを叩かないんだろう、という目で見ていました。
それでビゼーの「カルメン」の組曲などをCDでかけてみると、早速「あっ、タンバリンだ!」と興奮していました。子供は素直に反応しますね。

だんだんと楽器が増えてきましたが(苦笑)、楽しく音楽と関わっていってくれたらなぁ、と思います。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:48  |  日々の雑記帳  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

こんばんは!

すずはクリスマスソングにぴったりですね~!!
タンバリンも、(私は全然知識はないのですが)musika-totoさんのこだわりが伝わるようなチョイスだなーと思いました!

すごくいい関わり方ですよね~。
すでに作り上げられた世界ではなく、自分の工夫で色々できる。。楽器に限らず、おもちゃってそういう部分が必要だな、と思いました。
今は、キャラクターものなんかもそうですが、おもちゃそのものももちろん、その設定まで全部作り上げられてしまってるものが多いですものね☆
まりはん |  2007.11.23(金) 22:00 |  URL |  【コメント編集】

■いいのか悪いのか>まりはんさん

まりはんさん、こんにちは。

すずもタンバリンも、息子はとても気に入って音楽に合わせて叩いたり振ったりしています。

まりはんさんがおっしゃるとおり、最近のおもちゃはホントによくできています。ウチは私と妻の方針で、極力おもちゃは買い与えないようにしてるんです。
既製品のおもちゃは、それはよくできていて、電車やミニカーなどもいろんな種類があります。頭の柔軟な子供にこういうものを与えると、想像することなく、あるものそのままで考えてしまいそうで怖いです。
ウチにももちろんミニカーなどもありますが、電車ごっこでは時には2つ3つの積み木を電車に見立てたり、駅やトンネルを作ったりしています。
そういえば、息子と妻がダンボールを切って色を塗ってバイオリンを作っていましたが、自分で作ったダンボールのバイオリンはいつも大切に使っています。

頭の中で想像を膨らませること、イメージをもつことは大切なので、子供が喜ぶおもちゃは大抵イメージしようのない作り上げられた世界なんですね。
musika-toto |  2007.11.25(日) 00:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

【 打楽器 】について最新のブログの口コミをまとめると

打楽器に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
2007/11/21(水) 00:55:53 | プレサーチ
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。