2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.07 (Thu)

ベーゼンドルファーはどこに行くのやら…

先日、久しぶりに書き込みをしたところ、お友達の皆さんから早速レスを頂きました。
全然書き込みをしていなかったにもかかわらず覗いてくださる方がいらっしゃる、ということに非常に嬉しく思い、同時に非常に申し訳なく思いました。
コメントを下さったみなさん、ありがとうございます。
記事をアップできなかった理由についてはそのうち書こうと思います。

さて、この中断期間の間にいろいろありましたが、まず書いてみたいのが「ベーゼンドルファーがヤマハに買収された」というニュース。11月の終わりごろにこのニュースが流れて、私も大変驚きました。これと同時期に日本の輸入元となっていた日本ベーゼンドルファー(浜松ピアノセンター)が倒産した、という情報も入ってきました。

ベーゼンドルファーについては、当ブログでも取り上げましたが、その経営は以前より危ぶまれていたようです。ウィーンの伝統を守るマイスターによる手作り工法のため年間の生産台数も少ない、ということが価格の上昇と売り上げの低下を招いたのでしょうか?その部分については私は想像するだけですが、事実、会社を売りに出して既に2年が経過していたようです。
しかし、どこの企業もピアノメーカーも買わない状況が続いていて、最悪の事態としてはベーゼンドルファーの倒産もあったようで、そこでヤマハが買収した、というのが本当のところらしいのです。
ニュースなどを斜め読みしていると、どうにもヤマハが買収してヤマハの経営路線で続けていく、というように感じますが、実際にはそうでもないのかもしれません。ヤマハも経営が危ぶまれた時期があり、そんなに余裕があるとも思えません(勝手な想像ですが)。
ヤマハのピアノについても当ブログのピアノレビューで取り上げていますので、ベーゼンドルファーと読み比べていただくとよくわかると思いますが、両者の目指すものは根本的にも全く異なっています。この全く異なる「ピアノ」を、今後今までのヤマハのやり方で販売していくとは考えられません。
ヤマハの買収によって、販売路線としてはこれまでの総輸入元である日本ベーゼンドルファーは必要なくなるわけで、それで日本ベーゼンドルファーの倒産になったのでしょうか?ここも想像するだけですが…。
しかし、ベーゼンドルファーのマイスターの方々はヤマハの買収によって救われたわけで、これは歓迎すべきことだと私は思います。

しかし問題は今後ですね。ニュースの最後で今後について、ヤマハはベーゼンドルファーの自動演奏ピアノを販売する、ようなことが報じられていましたが、さすがにこれには「?」となってしまいました。
ヤマハはそれぞれのピアノをこれまでどおりそれぞれの方法で作るのか、見守っていきたいと思います。
スポンサーサイト
EDIT  |  00:05  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

■同感!

再開待っていました!!!

この内容に関しては私も取り上げてみましたが、知りあいのベーゼン技術者はどうなるのかと思っています。意見の食い違いで派閥ができて、それにヤマハが入っていって、、、まとまるまではまだ時間がかかるようです。

楽器の方も、どうなるのか。
今までのベーゼンが無くなり、全く別の楽器が生まれるとしたら考え方として面白いかも。
kinichiaraki |  2008.02.07(木) 00:16 |  URL |  【コメント編集】

■どの方向へ>arakiさん

こんにちは、arakiさん。このブログでは初登場ですね(笑)。こんなブログをやっており、お恥ずかしいですが素人の独り言だと思い、お付き合いをお願いいたします(笑)。

>意見の食い違いで派閥ができて、それにヤマハが入っていって

今回の場合、「買収」ですから業務を提携することではありません。とすると、普通は買収した会社の方針で動くことになるわけで、すべてヤマハの方針で進めることですから、今更旧ベーゼンドルファー側も何もない、ということからすると、ヤマハはベーゼンドルファーの方式は一切残さない、ということも当然あるわけで…。
文化の違い、楽器に対する考え方の違いについてもウィーンは特別な場所なので、普通の企業の買収のようには進まないと思われますね。
積極的買収ではなさそうなので、販売方法が変わったとしても、それぞれのブランドを有する一つの企業として、これまでどおりの楽器を製作してほしい、と思います。

尚、このブログでarakiさんの紹介記事を書こうかと検討しているところです。その際には事前にご相談したいと思います。
musika-toto |  2008.02.07(木) 23:21 |  URL |  【コメント編集】

■ズバっとね!

musika-totoさんの切り口大好きです。しっかりと的を得られて、冷静に判断されて、素晴らしいです。
でも弾かれるピアノの音は本当に優しいんですね。
これからも楽しみにしています。

ところで、別に事前に相談なくても結構ですよ。musika-totoさんの視点ででズバっとお願いします。
araki |  2008.02.08(金) 00:17 |  URL |  【コメント編集】

■辛口かもしれません>arakiさん

arakiさん、こんにちは。早速のコメントありがとうございます。

>切り口

大根切りのように、ついついスパッと切ってしまいます(苦笑)。わかりやすいほうがいいかな、と思ったりするもので…。
いいも悪いも、こういう場でははっきり書くほうが、読んでてスッキリする、という気がするんだろうと思います。

>別に事前に相談なくても結構ですよ

arakiさんの記事、近いうちにまとめてみようと思います。知っている方のことをズバっといくのは、少々とまどいもありますが…。
musika-toto |  2008.02.08(金) 23:43 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは。

ベーゼンドルファーが今後どうなっていくのかは、気になるところですよね。
自分の勝手な予想としては、しばらくはこれまでの伝統路線を維持していくように思います。
新ブランド的なピアノが登場するとしたら、かなり後の話になるのではないでしょうか。
モリス |  2008.02.09(土) 00:34 |  URL |  【コメント編集】

■伝統路線>モリスさん

こんにちは、モリスさん。コメント頂きありがとうございます。

モリスさんのおっしゃるとおり、私もしばらくこのままいくように思います。何しろ目指す方向性が全く異なるので…。
今回の記事は、あの報道以降、何も調べていない状態での率直で勝手な私の想像で書いているところがあります。その後どうなっているのか、また調べてみます。
今後を見守っていきたいと思います。
musika-toto |  2008.02.09(土) 23:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。