2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.22 (Fri)

規格統一は嬉しいが、困ります

消費者困惑の企画争いで注目を集めていた高画質のハイビジョン映像を長時間録画できる新世代DVD対応機の規格争い。とうとう東芝は「HD-DVD」(HD)方式から撤退する方向でを示しましたね。


【More・・・】

新世代DVDを巡って、東芝が推進するHDと、ソニーや松下電器産業、シャープなどが推進するBDが激しい主導権争いが展開されてきました。昨年の年末商戦で、日本ではBD方式の対応機が90%超のシェアを占め、HDを圧倒したとのこと。東芝は早期に判断し、消費者も混乱から逃れることとなりました。消費者にとっては早い段階で規格が統一される方が、買いやすくなるためありがたいものです。

本体だけでなく映画ソフトなどの品ぞろえでも、米ワーナーブラザースがBDに一本化すると発表するなど映画界でBD支持の動きが広がったため、BDシェア拡大が加速したようです。
実はこの規格争い、VHS方式とベータ方式に分かれて争ったビデオ規格では、ベータを推したソニーが敗れています。このときの争いには13年かかっていましたが、今回は6年。早めの決着となったようです。(矢沢永吉さんのアノCM、インパクトありましたね)

消費者としては、きれいな映像、いい音で観る・聴くことができるのはありがたいものですが、規格が変わるというのは困ったものですね。かつて録音したカセットテープ、捨てた人多いのではないでしょうか?美しい映像に慣れれば、かつてのVHSビデオを観ることもなくなってしまいそうです。私にはこちらも「もったいない…」です(苦笑)。

どちらにしても私は未だブラウン管テレビ&VHSビデオ&再生DVDで頑張っています(笑)。

スポンサーサイト
EDIT  |  22:36  |  日々の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。