2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.02 (Sun)

おかしな関係、変な世の中!?

あっという間に3月に入りました。しばらくまだまだ寒い日が続きそうですので、皆様ご自愛くださいませ。
さて、今日は直接的に音楽には関係ありませんが、ニュースでこんな記事を見かけました。このニュースは、読者の相談に対してコメンテーターが回答する形式のもので、この記事では、自宅でピアノを教えるピアノの先生が、要求の多い親に困惑している、というものです。

私の住む関西では、大阪の公立小学校の給食費滞納が問題になっており、その理由として本当に”払えない”という根本的なもの以外に、”義務教育だから払わなくていいはずだ”とか”給食を頼んだ覚えはない”とか、払えないのではなくて払う気がないという支払逃れのための言い訳のようなものが目立つようです。昔からこういうことはあったものの、ここ数年で不払いの割合が増えているそうです。今回のこのピアノの先生の相談も、どうにも親のモラルの低下があるようにも思えます。

ピアノのレッスンを休む理由が「雨だから」とか「友達と遊びたいから」とありますが、これを言ったのが生徒本人なのか、保護者なのか?
この記事では作家の立松和平さんが的確に回答されています。
その子がピアノを習い始めたのはどうしてだったのでしょう?その親はどうしてピアノを習わせたのでしょう?
ピアノやヴァイオリン、絵画などを習うのはどうしてなのか?
いろいろ考えさせられます。

スポンサーサイト
EDIT  |  22:35  |  日々の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

こんばんは。

ご紹介のニュース記事を読んでみました。
そんな不当な要求をする保護者もいるとは、少し驚きです。

でも、自分のところには幸い、そういったどう考えても不自然な理由で休む生徒さんや、極端な要求をする保護者などはいないので、そうしたことで困ったことはほとんどないです。
逆に、最近の若いお母さん方などは、皆さん礼儀正しくてしっかりとされている印象なので、自分はついているのかもしれません。

事前にお願い事項などはきっちりと紙面にて提示して説明をして、ピアノ指導者もプロの仕事という意識をしっかりもった上で普段からレッスンをしていれば(威張るということではなく)、それほど極端な要求をする方も出てこないとは思うのですが・・・どうなのでしょうね。
モリス |  2008.03.02(日) 23:55 |  URL |  【コメント編集】

■確認が必要ですね>モリスさん

モリスさんこんにちは。レスが遅くなり失礼しました。。

こういう例が、ピアノのレッスンでもあるのかと思い、私もビックリしました。
かなり極端な例のような気がしますが、そういう保護者が複数存在するとなると、その先生は相当やりづらいだろうと思います。

>事前にお願い事項などはきっちりと紙面にて提示して説明をして、ピアノ指導者もプロの仕事という意識をしっかりもった上で普段からレッスンをしていれば

まさにモリスさんのおっしゃる通りだと思います。
こういう事例があるとなると、受け持つ時に口頭で済ましてしまうだけでなく、きちんと書面を作成して説明し、不明な点の質問等を受け、双方確認して初回のレッスンに入る、ということをふまないといけないのかな、と思います。何ともやりにくい世の中になったものですね。
musika-toto |  2008.03.06(木) 22:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。