2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.06.03 (Tue)

図書館で借りたCD

あっという間に6月に入りました。体調管理のしにくい時期ですので、みなさんお体にはお気をつけ下さい。

さて、4月から『題名のない音楽会』の司会者が指揮者の佐渡裕さんになりました。ほぼ毎週息子と一緒に観ています。
かなり佐渡さんの色が濃く出てはいますが、佐渡さんでなくてはできないことや語れないことなどが随所に見られ、非常に充実した内容になっているのではないかと思います。

そんな佐渡さんのCDを図書館で借りてきました。少し前の録音ですが…。
佐渡さんはオーケストラだけでなく、吹奏楽=ウインド・オーケストラの指揮をされるのですが、まだまだ若い楽団であるシエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務めておられます。
このコンビの『ブラスの祭典』というCDが出ていますが、私は以前、この第1弾のCDを聴いてとても感銘を受けると同時に、”こういう吹奏楽の演奏を待っていた!”と思い、あちこちでオススメしていました。
今回図書館で借りたのは『ブラスの祭典3』という第3弾のものです。

ブラスの祭典(3)ブラスの祭典(3)
(2005/05/25)
佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ

商品詳細を見る


曲目は
1 20世紀FOXファンファーレ(アルフレッド・ニーマン/真島俊夫編曲)
2 高度な技術への指標(河辺 公一)
3 シンフォニア・ノビリッシマ(R.ジェイガー)
4 吹奏楽のための第1組曲(G.ホルスト)
5 風紋(保科洋)
6 フェスティバル・ヴァリエーションズ(C.スミス)
7 詩のない歌(R.ルディン)
8 ディスコ・キッド(東海林修)

この曲目、吹奏楽をされている方なら誰でも知っている作品が何曲も入っています。
私がこのCDのなかで聴いてみたかったのは、上記3・4・5・6です。これを佐渡さんの指揮で聴けるとなると、ホントにワクワクしました。こういうワクワク感、久しぶりです。
3や4は、吹奏楽のオリジナル作品としては、内容に富んでいて深いものです。こういう作品を学生や一般の吹奏楽団にもっと演奏してもらいたいなぁ、と個人的には思います。
最近(といっても、もう20年近くは)、吹奏楽もオーケストラのために作曲されたいわゆるクラシックの近現代作品のアレンジものが流行っていて、吹奏楽のために作曲された素晴らしい作品を演奏しない傾向があることについて、私には不満であり、非常に考えるところがあります(これはまた記事にします)。
しかし、こういった3・4のような吹奏楽のオリジナル作品が本当に素晴らしいことは、いくらスコアを読んで、クラシックの作品と遜色ない芸術性のあるものだとわかっていて、周りに”素晴らしい作品だよ”と言ったところで、それを素晴らしい演奏でもって示してくれるものがないと、どうにも伝わりません。

このCDは、これらの作品の今まで見えなかった部分を見事に引き出してくれた演奏であると思います。勢いであったり、色であったり、歌であったり、エネルギー感や躍動感であったり…。
もちろん佐渡さんならではの演奏ではあるわけですが、これまでの他のCDの演奏とは一線を画している、ということは感じられるのではないでしょうか。
吹奏楽はちょっと…と思われる方も、あの<惑星>を作曲したホルストの「吹奏楽のための第1組曲」や、ドイツの若手作曲家ルディンの「詩のない歌」(1997年の作曲:本録音が国内初録音)を聴いてみられると、吹奏楽独特の心地よいオルガンのようなサウンドが感じられるのではないかと思います。
吹奏楽ってこんないい作品があったんだ…、と感じられる好演です。

スポンサーサイト
EDIT  |  22:06  |  音楽雑記帳  |  TB(1)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

こんばんは。
お元気にされていましたか?

吹奏楽にはオーケストラとはまた違った魅力がありますよね。オルガンにような響きというのはそうだと思います。管楽器主体ですから、響きに厚みと迫力があって、それに合う曲はやはり吹奏楽をよく知った上で作曲されたオリジナル作品なのかもしれませんね。

「風紋」懐かしいですね。昔は演奏会やコンクールでよく聴きました。曲の始まりから聴き手を惹きつける曲ですね。「吹奏楽のための第1組曲」も懐かしい感じです。

今年は、久しぶりに吹奏楽のコンクールを近くの会場まで聴きに行く予定です。記事中の曲が聴けるかもしれません。
モリス |  2008.06.04(水) 21:37 |  URL |  【コメント編集】

■楽しみですね>モリスさん

こんにちは、モリスさん。すっかりご無沙汰しております。ご心配をおかけしております。
私自身は元気です。モリスさんやまりはんさんなどお友達のブログは時々拝見していますが、コメントできず失礼しております。

モリスさんもおっしゃるように、吹奏楽は管弦楽とは違った魅力がありますね。同じ管楽器で演奏されるのでサウンドのブレンドが非常にうまくいきます。
クラシック音楽の愛好家の中には、吹奏楽を蔑視する向きもありますが、それは吹奏楽作品が認知されていない背景があると思われます。まあ、吹奏楽が閉鎖された世界を醸し出しているというところも大きく影響してそうですが…。
弦楽アンサンブルと管楽アンサンブルに芸術性の優劣を言うのがおかしいように、管弦楽も吹奏楽も同じように聴かれるべきだと思います。

このCD以外の作品で、吹奏楽では前もお話にあがった、フロラン・シュミットの「ディオニソスの祭」やヴォーン=ウイリアムスの「イギリス民謡組曲」など大変素晴らしい作品がありますが、私は中でも邦人作曲家の作品に注目しています。
上記の保科洋さんや池辺晋一郎さん、兼田敏さん、三善晃さんの作品が吹奏楽作品にはありますがそのどれもが素晴らしい作品です。吉松隆さんの吹奏楽作品があれば聴いてみたいですが(あるのかどうか知りませんが)。
しかし、なかなか記事中のようないい作品を音楽的に充実した演奏で聴かせてくれるCDが少なかったのですが、上記のCDはなかなかいいですよ♪音楽的含みのある演奏になっています。

吹奏楽コンクールを聴きに行かれるのですね。アマチュアですから上手下手は出てしまいますが、それよりも音楽に真剣に向き合う姿やその音楽から伝わるメッセージなどにも感動しますね。ぜひ楽しんできてくださいね。
musika-toto |  2008.06.04(水) 22:53 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは!お久しぶりです。
お元気にしておられましたか?

吹奏楽、確か高校生の時にグレンミラーオーケストラを聴いたことが一回だけあるだけで(あれって吹奏楽ですよね???)あまり聴く機会がなかったのですが、吹奏楽も楽しそうですね。

なんでもそうだと思うのですが、やっぱりみんなでする音楽というのは楽しいなあと思います。
もちろん、ソロのピアノも楽しくて、それが私にとっては一番ですが、合唱などをして、音楽の幅が広がるなあと思いました。
まりはん |  2008.06.05(木) 23:30 |  URL |  【コメント編集】

■ソロもアンサンブルも>まりはんさん

こんばんは、まりはんさん。お久しぶりです。
ご無沙汰してしまってすみません。ご心配をおかけしていますが、私は元気にしています。

まりはんさんの中学や高校に吹奏楽部はありませんでしたか?吹奏楽は一般には木管楽器はクラリネット主体にサキソフォン・フルート・オーボエ・ファゴット、金管楽器はトランペット・トロンボーン・ホルン・ユーフォニアム・チューバ、これに打楽器群が入ります。コントラバスやハープを入れる編成もあるんですよ。
グレンミラーオーケストラはジャズのビッグバンドです。茶色の小瓶とかイン・ザ・ムードとか。そういえば、先年竹中直人さんらが出演していたビッグバンドの映画がありましたね。

ピアノは幅広いはずなのに、一般にはどうしても一人で弾いて終わってしまうようなところがありますね。ヴァイオリンなどのソナタ、管楽のソナタをはじめ、室内楽でも大活躍するピアノ。歌の伴奏にも欠かせませんね。
オペラも、まずはピアノで歌手が合わせて、最後にオケとの練習に入ります。
コンチェルトもそうですね。そう考えるとピアノはすごいなぁ、と思いますね。
アンサンブルをする愉しみって、気持ちの揃った時の心地よさ、というか、これはソロでは味わえない充実感がありますね。
合唱も、合唱をひき出す伴奏って、渋いですね。
musika-toto |  2008.06.06(金) 00:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

【吹奏楽団】についてブログや通販での検索結果から見ると…

吹奏楽団 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
2008/06/07(土) 15:57:02 | 気になるワードを詳しく検索!
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。