2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.14 (Mon)

ゲルギエフのチャイコフスキーのCD試聴

ずいぶんご無沙汰しています。更新できない状況が続いていますが、時々更新します(苦笑)。

また、近所の図書館でCDを借りてきました。
今度は、ゲルギエフのチャイコフスキーの交響曲第4~6番のライヴレコーディングのもの。オーケストラはウィーンフィルハーモニー管弦楽団。

チャイコフスキー:交響曲第4番・第5番・第6番チャイコフスキー:交響曲第4番・第5番・第6番
(2004/10/27)
ゲルギエフ(ワレリー)

商品詳細を見る


ゲルギエフといえば、その強烈な個性の演奏で有名ですが、チャイコフスキーの交響曲をどんな演奏で聞かせてくれるのか楽しみにしていました。
チャイコフスキーの交響曲で私が好きなのは、第5番と第6番。中学生の時、カラヤンの演奏でチャイコフスキーのシンフォニーが大好きになり、アバド&シカゴ交響楽団の第5番が好きでした。
その後は、昔のムラヴィンスキーとかオーマンディやシノーポリとかその他いろいろ聴きましたが、好きになれる演奏に出会うことなく現在まで来ています。

このCDは第6番から聴き始めました。あのカラヤンの艶々した弦の響きとは相反し、とてもグロテスクなものを感じます、強烈なリズム、急激なテンポ設定など。え?と思って聴き終えました。
そして第5番。相変わらず強烈なリズムですが、いろんなところでオーケストラが乱れていて、指揮者についていけない状態。ハーモニーや旋律のバランスも悪く、何ともいえない心境でした。

ライヴ録音のCDは、当然やり直しなどの手を入れていない状態なので、ミスも入っているものです。それよりも生のコンサートの演奏を味わうには格好の録音だと思います。
しかし…この演奏は気迫ある演奏ではあるものの、そのコンサートの場で感じるものを感じない状態で聴くと、正直キツイですね。よくこのCDを発売したものだと思います。
やはり実際にゲルギエフの演奏に接していないので、その本当のところはわかりません。ゲルギエフの演奏に実際に接した人でないと、このCDの良さはわからないのかもしれません。

スポンサーサイト
EDIT  |  23:28  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

こんばんは。
musika-totoさん、お元気にしていましたか?

ライブ録音というのは、結構微妙なものや、明らかにハズレ気味なものもありますよね。
自分も、かなり以前に某巨匠ピアニスト(もうお亡くなりです)のライブ演奏CDを聴いた時に思ったのは、やはり、その会場の(巨匠を歓迎するような)熱気の中で聴けば、その演奏に浸れたのかもしれませんが、CDで客観的に聴いてしまうと・・・正直言ってあまり良さが伝わってきませんでした。

チャイコフスキーの交響曲、自分の手持ちレコードは、確かムラビンスキーのような気がします。ちょっとすぐには確かめられないところに保管しているので、今度確かめてみますね。
モリス |  2008.07.15(火) 22:56 |  URL |  【コメント編集】

■ライヴ…>モリスさん

モリスさん、こんばんは。ご無沙汰しています。
早速のコメント、ありがとうございます。

ライヴレコーディングのものは基本的に好きなんですが、何と今までこういった感情になったことがありませんでした。
家で冷静な状態で聴くには、向き不向きがあるものだと、今になって実感しました。
世界屈指の演奏家やオーケストラ、完璧なアンサンブルやある程度のワクワクするドライブ感のある演奏が、必ずしも優れた演奏ではない、ということはわかっていましたし、有名な演奏家=素晴らしい芸術家とも思っていませんでした。また、レコーディングのための演奏(加工された演奏=実際には存在し得ない演奏)に抵抗を感じてもいました。
逆に、コンサートの雰囲気とか熱気というものが、コンサート会場ではなくて家で聴いていて必要と感じる、という妙な経験でした。

ウチにもあります、ムラビンスキーの録音。カラヤンの6番もありました。今度
また聴きなおしてみます(笑)。
musika-toto |  2008.07.16(水) 23:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。