2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.12 (Sun)

配慮って…?

週末に熱を出してしまい、この二日はゆっくりと過ごしました。
年度末で忙しいこの時期、また気温の変化の激しいこの時期、皆様も風邪にご注意下さいませ。

さて、また今日も音楽とは関係ない話から。前から書こうと思っていたことですが…。
先日のトリノ五輪で金メダルを獲得した荒川さんが文部科学省に表敬訪問された時のこと。
大臣が荒川さんの金メダルをちょこっと持ち上げて、こんなに金メダルというのは重いものなんですね~、とのたまっていらっしゃいましたが、次の一言で何とも軽々しい認識であったか、ということがあからさまになってしまいました。
「スルツカヤ選手が転倒した時、ヤッターって大喜びしましたよ!」

荒川さんの演技を称えるのではなく、他の選手の失敗を喜ぶなんて、「配慮が足りなかった」という問題なんだろうか?と思わずにはいられません。
この言葉の後の荒川さんの表情は、何ともいえない複雑な表情でした。

こういう舞台、誰だって真剣に取り組んでいるのに(国によっては結果によっては家族とその子孫の辿る運命がかかっているところもあるのに)、そのような認識で金メダリストを出迎える、ということが平気で行われ、その後批判を受けて「配慮がなかった」というコメントを出すということまで含めて(しかもそれが文部科学大臣なんて)、国のスポーツに対する理解の浅さを物語っているような出来事に感じました。
競技に参加する日本の選手も、自分のためにベストを尽くしているのだから、国から表彰されようと思って取り組んでいる人はいないだろうとは思いますが、それにしても…、と思わずにはいられませんでした。

それなら芸術の分野では?と考えると、その判断はスポーツのタイムや順位のような明確かつ客観的判断が難しい、ということを考え合わせれば…、なんて、考えるのも恐ろしくなってしまうのでした。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:10  |  日々の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。