2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.17 (Fri)

弾く前に響きをイメージ、音をよく聴こう!

ピアノを再開してもう2カ月が経過します。練習ができない日もありますが、楽しく続けて弾くことができています。
私の独り言のつもりで始めたこのブログにも次第にいろんな方がアクセスして下さって、コメントをいただくようになり、非常に励みになっております。ありがとうございます。m(_ _)m

さて、ピアノを再開してみると、いろいろと気がつくことがあります。
そのひとつには、ピアノの鍵盤に手を置いたとき、これから出そうとする音や響きをイメージするということと、自分の弾いたピアノの音をよく聴くということが、それぞれあまりできていないような気がする、ということです。
ピアノは管楽器や弦楽器に比べれば音そのものは簡単に出るということは当然のことですが、管楽器や弦楽器の場合、基本練習においても非常に神経を使ってひとつの音を出します。特に一日の最初に出す音はその日一日の音やコンディションまでをも左右する、という意識で慎重に出すんです。それは、これから自分が出そうとする音や響きをイメージする、つまり、音を出す前に頭の中でこれから出す音や響きが鳴っている、という状態が常にあるということです。そうしないと、出てきた音は<ただの音>であって音楽的な響きになっていないことが、その音を出した本人はもちろん、周りにも伝わってしまいます。

ピアノを弾く時、私自身そういう意識が薄い気がする、ということに最近気付きました。これはもっと言えば、音を出すということに注意が足りない、弾いた後の音や響きが聴けていない、ということになります。考えなくても「音」が出てしまう→「弾く」ということに夢中になる→生み出した「響き」が音楽になってない、なんてことに…!こ、これは注意せねば! と今更ながら思うのでした。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:28  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■本当にそうですね

私も学生時代、管楽器と弦楽器を多少経験しているのですが、musika-totoさんのおっしゃることは、まさにその通りですね。
大人になってからピアノを弾くときも、そのことはいつも心に留めているつもりですが、やはり不十分です。
自分の演奏を録音すると、それがよりわかります。
今は発表会に向けての練習が中心ですが、自分の力より少し易しい曲を選んで、余裕をもって自分の音を聴きながら弾く…そういうことに時間をかけられるようになれればと思っています。
実は本は買ってあるんです。

musika-totoさんのblogを読ませていただくと、ピアノに向かう心の姿勢を教えられます。
小夏 |  2006.03.18(土) 20:10 |  URL |  【コメント編集】

■難しいですね

小夏さん、いらっしゃいませ。

>私も学生時代、管楽器と弦楽器を多少経験しているのですが

経験されているということですので、私と同様にしみじみと感じていらっしゃるのでは…と思います。が、これが難しいんですよね。

>余裕をもって自分の音を聴きながら弾く

こうありたいですね。意外と技術的にやさしい作品ほど、音数の少ない作品、テンポのゆっくりな作品ほど、音楽としての表現、タッチ等難しい、ということが出てきますので、どのみち大変ですね。。これが楽しいところでもあるんで…。

>実は本は買ってあるんです。

これは私個人的には興味アリです。よろしければお知らせくださいね。

>musika-totoさんのblogを読ませていただくと、ピアノに向かう心の姿勢を教えられます。

いえいえ恐縮です。再開して2カ月でまだ大して弾けないもので…。
ちょっと重たい内容のblogになってしまっていますが、よろしければまたお越しください。
musika-toto |  2006.03.18(土) 23:57 |  URL |  【コメント編集】

■買ってある本は

ギロックの『叙情小曲集』です。
半ページから2ページ程度の曲が24曲入っています。
同じ教室で、昨年4月からピアノを習い始めた方が、今度の発表会でその中の曲を弾くんです。
コピー譜を見せていただいたら、とても美しい曲だったので、全曲見てみたいと思い、買いました。
発表会が終わったら、先生に相談してみようと思っています。
小夏 |  2006.03.19(日) 19:42 |  URL |  【コメント編集】

■ギロックは…

美しい旋律でモダンな感じの作品だったような。(ウロ覚えですみません)
「叙情小曲集」は24曲で全調が入っているんですね。
私もメンデルスゾーンか何かやってみようかな、と思っています。まだ未定ですが…。
musika-toto |  2006.03.20(月) 23:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。