2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.04.12 (Wed)

音をよく聴くということ

以前にも書いたことがありましたが、ピアノを再開してよく思うのは、ピアノを弾いていて弾くことにばかり気をとられて実は音をよく聴いていないんじゃないか、ということです。
これはたぶんピアノの場合、ひとつの音を出すのに音そのものをイメージして発する、ということに神経を集中しなくても<音は出てしまう>ということ、そしてピアノという楽器自体が演奏者の体の一部として感じにくいということに原因があるように思います。

声楽や管弦楽器の場合一つの音を出すにも、発奏、発音、音程や響き、音色、音の処理、音の遠達性に加え息の流れや脱力などを意識するのは当然のこととして基礎の練習をします。そう考えると、やはりピアノを弾くときの意識は足りていないな、と思います。
また、声楽は自分の身体そのものが楽器であり、管弦楽器は比較的演奏者が抱えたり持ったりするし、管楽器は息を入れるため歌手に近い感覚で演奏するということからすると、ピアノは鍵盤とペダルが接しているだけなので身体の一部とは感じにくい、ということがあるように思われます。

何気なく弾いてしまうということのないように、そのためにはイメージをしっかり持ち、よく音を聴くということを常に心がけるということになると思います。これがなかなか難しいところではありますが…。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:11  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■聴けてない!

私も指を動かすという動作に必死で、冷静に音を聴くことができてない状態です(笑
指さえ動けば弾けていると思い込んで・・・で、録音したらあまりにもひどい演奏に凹む・・・(^^;

押せば簡単に音がなる楽器ですが、自分の思う響きを出すのは本当に難しいですよね(^^;

そういえば、ご近所のオーボエを吹いてらっしゃる方に言わせると、
『こういう楽器は寂しいよー。ピアノだと、一人で伴奏もメロディも奏でることができるから、娘には鍵盤楽器をさせてやりたい』
・・・なんだそうです。そういう考え方もあるんだなーと。勉強になります(笑
yu-ki |  2006.04.13(木) 14:51 |  URL |  【コメント編集】

■意外と・・・>yu-kiさん

こんにちは。
録音して聴くと客観的に聴いていて、しかも耳が「あら捜しをする耳」になっているため、余計にヒドイ演奏に聞こえる、というところでしょうか?意外と弾けてない、ということも多いですし、難しいですよね。。。

管楽器をされている人からすれば、ピアノはひとりで成り立つのがうらやましいところではありますが、逆にオーボエはアンサンブルやオーケストラ、吹奏楽といろんな楽器と演奏する楽器なので、ピアノを弾く人から見れば魅力を感じるところですね。
オーボエといえば、リード作りも仕事の一つ。デリケートで難しい楽器ですね。
musika-toto |  2006.04.13(木) 22:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。