2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.05.03 (Wed)

行ってきました:高槻ジャズストリート

朝から「高槻ジャズストリート」へ。フリーマーケットも高槻城跡公園や城跡公園市民グラウンドで同時開催ということもあって、朝からものすごい人出。妻はフリマへ、私と息子は市民グラウンドでジャズの鑑賞へと、それぞれ分かれて行動。息子も金管楽器をみて「パ(ラッパのパ、らしい)」「パ」と連呼して上機嫌。
お昼からは私一人で会場をいくつも廻ってジャズの演奏を堪能しました。中でも阪急高槻市駅高架広場での「135°East Jazz Union」は素晴らしく(全員外国人だった)、サウンドがまとまっていてドラムのリズムのグルーヴ感が心地よく、テナーサックスのアドリブも非常に美味しい。トランペットもコンボにありがちな暗い細い音ではなく、パキパキと太く小回りもきいて、全体として日本人のノリとは違って、とても健康的で気持ちよかった。
また、アクトアモール特設会場での「GLLIVER GET」というバンドも良かった。聞いているとこれはちょっと違うな、と思ったら、ステージの最後でCD出してます、ということを言ってたので、ああやっぱり、と思った。ボーカルも発声がしっかりして伸びのある声で、ドラムがまたウマイ。唯一のホーンのテナーサックスが何となく聞いていると気付かないかもしれないけれど、実はとてもソツなくきれいに歌っていて、メタルのマウスピースも使ったそのサウンドがアメリカのロックバンドのホーンセクションのサックスのような抜けのある音でした。やっぱり、<ちょっと違う>バンドは聴くと、サウンドが違うのがよくわかります。
このイベントは毎回非常に充実していて、参加するバンドもレベルが高くて聴き応えがあります。また来年が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

EDIT  |  22:09  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。