2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.01.24 (Tue)

ピアノ:調律&マフラー装着

去年の12月24日にピアノが来てから約1か月が経ち、技術者の方に納入調律に来て頂きました。中音域が多少ズレていたようでしたが、だんだんとピアノが部屋に馴染んできているようです。やはり調律してもらうとそれぞれ音のが輪郭が明瞭になり気持ちよく響くようになりました。
人間の耳は不思議なもので、その音に慣れてしまい緩やかな変化にはなかなか気付かないものです。
(そういえば私のピアノの紹介をしていませんでした。ピアノ紹介はまた後日ということで…)

また、私のピアノにはマフラーがないのでドイツから取り寄せてもらった手動マフラーを取り付けて頂きました。(ヤマハ等のピアノのマフラーは3本ペダルのうち真ん中のペダルになります)
手動マフラーはレバーを約120度回転させるとワイヤーがマフラーのバーを引っ張ってマフラーが下がるという、大変シンプルな構造です。ちなみに完成品が来るのかを思いきや、ばらしたバーとフェルト、ワイヤーとレバー、そして木ネジ等という状態。技術者さんがピアノに合わせて糸ノコでバーを切断したり、長さにあわせてワイヤーを切断したり、バーにフェルトをボンドで貼ったりとほとんど手作りでしたがうまく出来上がりました。外からの見た目はマフラーが着いているのが全く判りません。
ウチのマフラーのフェルトは低音域はぶ厚く高音域になるほど薄くなっていています。また、フェルトの素材が柔らかいようで、マフラーをかけた状態でダンパーペダルを踏んで弾いてもフェルトが両隣の音をいっしょに叩かないため音が濁らないんです。これは帰宅時間の遅い私にはありがたいモノになりそうです。
楽器は響かせてナンボ、なのにこういうたぐいのものを装着することには抵抗がありますが、近所と時間帯を考えると止むを得ません。
できるだけマフラーなしで、気兼ねなく弾いてみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:46  |  ピアノ雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

私のピアノは、十数年の時を経て、蓋を開けたときに、鍵穴(今はないかな?)がさびていました。最近は音が出にくいキーがあります。
再開当初は、指もなかなか慣れないし、恥ずかしくて、真ん中のペダルをいつも利用していましたが、最近は堂々とご近所の方に迷惑な音楽聴いてもらっています。

子供の頃は個人の先生に習っていたので、発表会はありませんでしたが、今は楽器メーカーの大きなスクールに通っています。色々行事があり楽しいです。
習わなくてもと人には言われますが、人に聴かせる、仕上げようという意欲が生まれ、それなりに上達、向上するみたいです。
多美子 |  2006.01.25(水) 09:23 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは、多美子さん。
再開当初の真ん中のペダル利用・・・よくわかりますよ、というか、今の私がまさにそういう気分(聞かれたくない…)状態になっています。
ピアノを習いに行くといろんな刺激があって意欲倍増というところでしょうか?
そうなると楽しくなって上達するということでしょうし、そうすると更に楽しくなるという相乗効果があるのでしょう。
再開したばかりの私は人に聴かせるというレベルとは程遠いのですが、楽しくマイペースでやっていこうと思っています。
musika-toto |  2006.01.25(水) 23:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。