2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.06.27 (Tue)

誘惑に負けて

最近、冒頭に同じことばかりを書いていることですが、蒸し暑いですね。これで梅雨が明けてカンカン照りになると、もっと気温も上がる、と考えると、クラクラして倒れてしまいそうですが…。

ついこの前も考えていたことですが、楽譜屋さんとCDショップにゆっくり行きたい、という願望。我慢できず、大阪のある十字屋さんに買い物ついでに行ってきました。
そんなにゆっくり見れたわけでもなかったのですが、結局いろいろ悩んだ末、楽譜は購入しませんでした。
その代わり、前々から気になっていたシベリウスのCDとメンデルスゾーンの無言歌集のCDを購入しました。

シベリウスはヴァイオリン協奏曲や交響曲の7曲や交響詩のいくつかを以前から好きで聴いていました。特に定番のベルグルンド/ヘルシンキフィルハーモニー管弦楽団の演奏のものが好きで、交響曲の4~7番が滋味深い演奏で気に入っていました。こういうオーケストラの作品に対して、ピアノ独奏曲は、自然体のシベリウスの音楽が聴くことができて、ちょっと意外な感じがしました。ピアノのヴィータサロの演奏は染み入るような演奏で情感あふれるいい演奏ですね。

メンデルスゾーンの無言歌も以前から気になっているのに、いつも後回しにしていてとうとう買っていなかったものです。舘野泉さんのものか田部京子さんのものか悩みましたが、今回は田部さんのちょっと前のCDを選んでみました。第一印象は、とても柔らかい演奏に感じました。
メンデルスゾーンの作品は、私の勝手なイメージでは、どうにも安々と苦もなくさらさらっと作曲されたような感じで、色んな曲があるわりには、同時期の他の作曲家の作品の方が比重があるようで、実際あんまり重要視されていないような気がします。よく取り上げられるのはやっぱりヴァイオリン協奏曲やシンフォニー。あんまり表に出てきませんが室内楽には美しい作品があり、私はこちらの方をよく聴いてきました。
無言歌はピアノ作品でよく知られている作品もいくつかありますが、私自身は、恥ずかしながらほとんど初めてです。ゆっくり聴いていきたいです。
そのうち無言歌も、ピアノで弾いていきたいと思っていますが、今は純粋に聴いて楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:53  |  音楽雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。