2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.01.21 (Sun)

ピアノレビュー:GROTRIAN-STEINWEG

久しぶりのピアノレビューとなります。今回はGROTRIAN-STEINWEGです。
このピアノは私のピアノのメーカーなのでいつもより力が入ってしまいます(笑)。つまり、長くなる(爆)。今回は私のピアノの画像も使ってのご紹介です。

GROTRIAN-STEINWEG
GROTRIAN-STEINWEG:正面から


グロトリアン社の創業者であるフリードリッヒ・グロトリアンは、モスクワでピアノの製造・販売に成功し、その後ドイツに戻り、1835年に町で小さなピアノ製造工場を立ち上げたばかりの若いピアノ技術者テオドール・スタインヴィッヒとともにGROTRIAN-STEINWEGというピアノを製作しました。このスタインヴィッヒが後にアメリカにわたりSTEINWEGを英語風にしたSTEINWAYを立ち上げることになります。
グロトリアンはその後も代々グロトリアン一族が受け継いできています。
グロトリアンのピアノは当初から高い評価を受け、ヨーロッパの国々の宮廷御用達とされ、著名なピアニストや音楽家が愛用しています。有名なところではクララ・シューマン(シューマンの妻ですね)、ヒンデミット、ケンプ、ギーゼキングなどです。

王室御用達のマーク



グロトリアンのピアノには独自の工夫が随所に見られます。これによってグロトリアンのピアノの音は「シンギングトーン」といわれています。とにかく音色にたいするこだわりはすごいものがあります。
 まず「シンギングボード」と呼ばれる響板には、アルプス山脈のある一定の標高の北斜面に生育するスプルースを、含水率が最も低い冬に伐採し、長期に亘って自然乾燥させたものが用いられます。さらに、この原木から加工された木材から、高い弾力性等の音響特性において優れた材料だけが選び抜かれ、バランスよく組み合わせることによって、いわゆる「ホモジュナス(均一性の高い)・サウンドボード」が造られる、というのです。非常に贅沢な響板です。

グロトリアン:素晴らしい響板、アイアン、レンナーアクション


 そして最も大きな特徴であるアップライトのX型背面構造です(これは納入の時に写真を撮り忘れた…)。
20層以上のブナ材を高温高圧の状態で成型し、鉄並みの強度を持った背面構造に仕上げます。これは、鉄のアイアン・フレームを補強し、ピアノ全体の強度を保つ役割、そして調整によって得られた良質な状態をできる限り長く維持する役割を果たしています。
また、鉄骨の製造技術も優れています。響板と鉄骨をネジ止めする本数も他社の4分の1ほど。低音部から高音部に至るまでの音色の均一性を大切にする為、響板に無駄な穴を開けない為だそうです。
また、スタインウェイは弦の張力が低く設計されたピアノ(実はベヒシュタインのほうが張力が高い!)であるのに対し、グロトリアンは高張力で設計されています。高張力であればあるほど、設計、製造技術が難しく、ピアノに対する負担が大きくなります。これを鉄骨の製造技術などの見事な製造技術でクリアし、高張力であっても100年は十分に演奏できるといいます。

素晴らしいアイアンフレーム


更に驚くのは、高音部の鍵盤を弾くと、弦以外のハンマーが叩くコツコツという音があります。この音を揃える、という作業も手作業でやっています。ハンマー根元の木の棒(ハンマーシャンク)を机の上でコンコン叩きながら音程を一定にするために削るのです。こうして余計な雑音を揃える事で雑音が気にならずに楽器の響きを聴くことができる、というのです。こんなことはスタインウェイでもやっていません。

グロトリアンの楽器は素晴らしいことは間違いないのですがどうしても価格が高いというネックがあります。これはアップライトのX型背面構造が非常に高価であることやコストがかかる部分が多いためです。グロトリアンも一時経営が危ぶまれましたので、この打開策としてX型背面構造を用いず、コストを抑えた廉価モデルとして「フリードリッヒ・グロトリアン」を発売して好評を得ているようです。このモデルは響板は他のモデルと同じものを採用しているようです。

さてさて、長くなりましたが実際弾いてどうか、です。
私が弾いたことがあるのは自分の楽器を含めてアップライトが7,8台とグランドが1台です。共通する特徴は、その音色がどちらかといえば硬質な音でありながら冷たくなく、アタックがコーンと響いた後から豊かな倍音を含んだ響きが広がり、非常に甘い響き広がる、ということだと思います。低音も非常によく鳴り倍音を含んだ圧倒的な響きで、高音も響きがちゃんとあってキラキラするけど甘い香りがする、という感じです(文字で書くのに、ボキャブラ不足も手伝って難しい…)。
楽器がよく鳴っているので、弾いていて気持ちいいですね。
アップライトでは120センチくらいの高さのものが非常にバランスがよく、これには参りました(笑)。個人的には、バランスのよさでベヒシュタインのクラシックとタイプは違うものの、いい勝負だな、と感じました。
上記の「フリードリッヒ・グロトリアン」は、他のモデルよりもやはり魅力は劣ります。他のモデルより倍音の響きが足りない、特徴的なあの甘い音というのが感じにくいと思いました。でも実用的なピアノとしてはベヒシュタインのアカデミーやツィンマーマン、シンメルなどと肩を並べるモデルのような気がします。

最後にグロトリアンの代理店である丸一ピアノ・ハープ社さんをご紹介します。会社は大阪にあります。社長の山田さんがドイツに渡りグロトリアンの素晴らしいピアノを日本でも紹介したいという想いから代理店をされています。
また、ドイツのグロトリアン社のページもご紹介します。
EDIT  |  17:07  |  ピアノレビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.11.21 (Tue)

ピアノレビュー:Zimmermann

ドイツのベヒシュタインにはグループが存在して、東ドイツのツィンマーマンとチェコのピアノメーカーペトロフが作るホフマンがあります。

ツィンマーマンは1884年、ドイツ・ライプチッヒに設立され、20世紀初めにはヨーロッパで最も大きなピアノ製造メーカーの一つに成長しました。1904年には製造拠点が一気に拡大され、ツィンマーマンはベルリン、ハンブルク、ドレスデン、アムステルダム等に営業拠点を築いて、ヨーロッパでも屈指のピアノメーカーとなりました。
その後1992年にベヒシュタイン社によって新しいブランドとして再登場しました。これは時期的に見れば、東西ドイツ統合の影響もあり、両メーカーの経営統合が背景にあるようです。

現在のツィンマーマンは、ベヒシュタインのノウハウによって作られているので、ベヒシュタインのアカデミーのシリーズに本当にそっくりですが、ベヒシュタインのアカデミーはベルリンのベヒシュタイン社で、ツィンマーマンはライプチヒのツィンマーマンの工場でそれぞれ作られているので、一応は別物です。
(ツィンマーマンの特徴の説明はカタログ的になるので省略しますが、こちらのサイトに詳細がありますのでご紹介します)

中古のツィンマーマンを見るとき、この1992年というのが一つのポイントで、これ以前の製造だと純粋にツィンマーマンの伝統的な楽器であり、これ以降の製造だとベヒシュタインの技術が入っている楽器、ということになります。

私が弾いたのは116センチのものですが、弾いてみた感想としては、楽器がそれなりに鳴っていて、響きとしては硬質なサウンドではあるものの冷たい感じはしませんでしたので、結構惹かれるものはありました。
もう少し響きに深みが欲しいとは思いますが、価格帯からすれば上出来かな、と思います。また、ベヒシュタインのAシリーズと比較しても、個人的にはベヒシュタインよりはむしろツィンマーマンの方がいいように思いました。そう考えると、とてもコストパフォーマンスは高く実用的だと思います。
ただ、人によっては(楽器によっては)ベヒシュタインのアカデミーシリーズの方がいい、という方もいらっしゃいますので、この両者の比較は実際に試弾して判断する方がいいと思います。
また、私自身が特に気になる点ではありませんでしたが、ツィンマーマンは床から鍵盤までの距離が長い、つまり鍵盤の位置が他のピアノ(プレイエルとかシンメルなど)より高い位置にあるようです。身長が低い等で気になる方は実際にピアノの前に座って比較してみることをお勧めします。
EDIT  |  22:43  |  ピアノレビュー  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.09.27 (Wed)

ピアノレビュー:PETROF

ピアノ選びの際にいろんなピアノを見てきましたが、数あるヨーロッパのピアノのうち、コストパフォーマンスの優れたピアノの一つがペトロフだと思います。

ペトロフは1880年からチェコスロバキアにおいてピアノの生産を始めた歴史あるメーカーです。1894年からは輸出もスタートし、順調に生産を伸ばし、当時ウィーン王室御用達にも選ばれ、ヨーロッパピアノ博覧会においてグランプリを得ています。
ペトロフの躍進には第一次大戦でオーストリアから優れた技術者が戦災を逃れてきた、ということもあったようです。
しかし、第二次大戦後、不幸なことにチェコスロバキアは共産圏となり国営となってずいぶん質が落ちてしまいます。
1989年の旧体制の崩壊によってペトロフも民営化し、以前の栄光を取り戻すため様々な研究がなされ、今日ではヨーロッパ最大のピアノメ ーカーの一つになりました。また、最近は他の欧州メーカーからのOEM生産も行い、例えばドイツのベヒシュタイン社からホフマンブランドでのOEM生産を行っています。

実際に見てみるとピアノ自体はかなり贅沢に作られています。響板はボヘミアンスプルースを用い、ピンブロックや内外リムにはヨーロピアンビーチ材を用いています。また、ドイツレンナー製のアクションとハンマー、レスローワイヤーを使用しており、鉄骨も十分寝かせて歪みのないものを使っているようです。
さらにヨーロッパでも一般には最高機種にしか用いられない総アグラフ方式を全ての機種に採用した贅沢な設計がなされています。
これは、音1つに対して1つの弦を止める部品(アグラフ)を高音まですべての音に対して使っていて、結果、余計な共鳴を防いで音そのものも安定するという、少し手のかかる方式です。
そしてもっと驚くのが、グランドピアノのケースの圧縮加工がベーゼンドルファーと同様、響板と同じ一枚板の内側に多くの切込みを入れ、より弱い力でケースの形状に仕上げているということです。これにより響板のサウンドをボディーにも伝え、楽器全体で響きます。
また、<見た目>ですが、仕上げが非常に美しい楽器です。

私が実際にペトロフを複数弾いてみたところ、アップライトもグランドもどちらもとても柔らかい響きがします。ボディー全体が響き、柔らかく暖かい響きであるため、いつまでもその響きに包まれていたい、という感じがしました。アップライトでは115センチの高さのピアノより、やはり響板面積の広い122センチの高さの方が響きも豊かでいろんな意味で満足できそうです。グランドはアップライトに比べ、その響きが目の前から湧き出てくるような感じがしました。
これは、ヤマハのような硬質の音質に慣れている耳であれば、相当な違いを感じると思います。オーストリアのベーゼンドルファーや南ドイツのザウターに通じるところがあるような柔らかく暖かい響きです。

しかし、おそらく一般的にあまり知られていないメーカーで、私がいろいろ調べたり、実物に触れてみた経験(ちょっと大げさですが)からすると、知っている人の多くは間違った認識を持っているように感じています。
「ペトロフ」といえば、旧共産圏の楽器ということで、それが悪評として知られていたという経緯があったため、現在もそう思われているところがあるようです。しかし、この数年のペトロフの楽器は格段に向上しています。それ以前の旧体制の楽器とは全く違うと言っていいと思います。
ただ、調整の部分では多少甘いところがあるようですので、しっかりとしたヨーロッパピアノを扱い慣れた技術者さんにお願いするのがベストだと思われます。
で、お値段ですが、国産の高級機種と変わらない値段です。実売価格で100万円を切るようです。チェコの物価が他のヨーロッパと比して安いこと、輸入に中間経費が余りかかっていないこと、等があるようです。
でも、チェコもユーロに参加し、どんどんユーロが上がっているので価格も上昇し始めています。

それにしても、素晴らしい響きのする、こんなに贅沢で手のかかった、本格的な手作りのピアノがこの値段とは…。
一度、是非とも触れていただきたいピアノです。
輸入元のページをご紹介します。
EDIT  |  23:42  |  ピアノレビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.08.25 (Fri)

ピアノレビュー:Bösendorfer

前回のピアノプレビューでスタインウェイについて書きました。今回はスタインウェイと双璧と言われているベーセンドルファーです。ベーセンドルファーはオーストリアの名器といわれる楽器で、スタインウェイともベヒシュタインとも全く違った素晴らしい響きを持つピアノなんです。

1828年にイグナッツ・ベーゼンドルファーによってウィーンに創業された老舗メーカーです。独立当初からベーゼンドルファーのピアノは高品質、高水準で絶賛されており、1830年(たった2年後!)にはオーストリア皇帝から宮廷御用達ピアノ製造者とされました。
リスト、ブラームス、ヨハン・シュトラウス、ブゾーニなどにも愛好され、独自の設計によるウィンナ・トーンを確立し、現在もその伝統的な工法で熟練した職人によって、丹念に製作されています。

特徴あるその真珠のような深みのある響きは、弦の振動をボディに直接伝えるメカニズムにあります。これをResonating Box システムと呼んでいるようです。具体的には、グランドピアノのボディの製作において、ボディを曲げて加工する際、1センチほどの間隔で縦向きの切れ込みを入れています。通常は比較的硬くて重い木材の薄板を接着した合板を高温高圧で強引に成型する工法が取られますが、切れ込みを入れることによって成型しやすく強引な加工をしないため、ケースを全体の構造を支える役割ではなく、響鳴板の延長として響かせる役割を与えました。結果、ボディにも響板同様スプルースを用いて、ケース全体を響かそうというねらいがあります。
スタインウェイが鉄骨をも響かそうとし、ベヒシュタインが純粋に響板を響かそうとしたのとも、明らかに違います。
加えて、低音側の響板面積を広げて中低音域の減衰をゆるやかにしているので、中低音が色彩豊かに重量感あふれる音が出る傾向にあります。

また、インペリアルというモデルがあり、ブゾーニの要望により低音部に白鍵が2つ、黒鍵が1つキーが多くついています。

私は一度130センチのアップライトを触ったことがありますが(ベーゼンドルファーのアップライトはこのモデルだけです)これがアップライトであることを忘れるような、ふくよかで豊かな響きがしました(この驚きはシュタイングレーバーで感じた驚きと似ています)。大きな音を鳴らそうとしてガンガン弾くより、自然に響きを発展(!)させるようなイメージで、腕の重みだけで低音から響きを重ねていくと、びっくりするくらい重厚な響きがします。
インペリアルも触りましたが、柔らかい響きに包まれていく感じがしました。これはベヒシュタインとも違う柔らかさです。音の伸びを感じます。実際に弾いて体験していただきたいです。

素晴らしい楽器ですが、お値段も素晴らしいです。家庭で扱うとなると現実的ではありませんが、こういった特徴を知っていると思わぬところで役立つかもしれません。
ベーゼンドルファーには、ホームページがありますのでご紹介します。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  22:35  |  ピアノレビュー  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.07.27 (Thu)

ピアノレビュー:STEINWAY&SONS 

主要音楽ホールの実に95%以上に納入され、おそらく音楽自体に興味がない人でもメーカー名は聞いたことがあるであろう、スタインウェイ。現代最高のピアノといわれています。

1825年頃ドイツでスタートしました。ハインリッヒ・シュタインヴェッヒは、ドイツ革命を境に、ドイツでのピアノ製造に不安を覚えて、1850年、新天地を求めてアメリカに渡ります。そして1853年、ヘンリースタインウェイと英語読みに改名して、ニューヨークに会社を設立します。
この頃から<可能な限り最高のピアノ>づくりを目指し、パリの万国博覧会にも出品し、優れた楽器であるにもかかわらず開催国贔屓によりグランプリを逃していますが、その楽器の良さは当時ピアノの名手の知るところとなり、一気に名声を高めます。

現在もなお、独自の設計によって多くの特許を得たその響きが、多くの人を魅了しています。
基本的には、ベヒシュタインが響板を、ベーゼンドルファーがピアノのボディ全体を、それぞれ響かそうとしたのに対し、スタインウェイは鉄骨をも響かそうというコンセプトがあります。弦や鉄骨の振動をボディに伝えるため、サウンドベルというメカニズムを採用し、鉄骨とボディを密着させることによって、弦の振動をボディに確実に伝達させています。これがスタインウェイ独特のクリスタルのような、ダイヤモンドのような固いアタックのあと、グワーンと伸びる豊かな響きを生み出しているのだと考えられます。
また、他のメーカーは 、グランドのボディの製作には何層にも重ねた3枚の板を曲げてつなぎ合わせるようですが、スタインウェイでは何層にも重ねた1枚の長い板を曲げて製作します。非常に難しい技術で時間もかかりますが、それでもこの製作により振動の伝達にロスをなくし純粋な響きを得る、という徹底ぶりです。
こうしてできた素晴らしい楽器にスタインウェイ社は、他社が1年の保証が多い中、5年保証をしています。これは自信のあらわれなのでしょう。
他にもアラスカスプルースを厳選した響板をはじめ、駒も金属ネジを使わず、響きを損なわない木製ダボで固定したり、鉄骨も響きを最大限に得るためギリギリまで煮詰め、鉄を時間をかけて冷まして安定させていくなど、ありとあらゆる100以上の特許を駆使し、厳密にマイスターの目と手で時間をかけてじっくり作られています。

実際にスタインウェイ(フル・コンサートサイズ)を複数触ってみると、その独特の響きは何とも言えません。まず輪郭のはっきりした音がコーンと立ち上がり、後から豊かな響きが伸びていきます。音の遠達性が非常に優れているというのは弾いてみるとよくわかります。低音は豊かな倍音を含んだ響きでこれに高音部がきれいに乗ります。
アップライトでも同じことが言えます。とにかくよく響き、よく鳴り、よく伸びる、という印象です。派手でキラキラした硬質の音に豊かな響き。こういった傾向の音が好きな人にはたまらないと思います。
ただ(ここからは私個人の私見による戯言ですが)、このアップライトを家庭で弾く、というのは値段もさることながら、音色・響きのみを考えても私には少し合わない、という感がありました。もちろん整音等により多少音色を変化させることはできますが、それにしても…というふうに感じました。かなり独特なサウンドだと思います。

コストを度外視し、現在も全工程の80%を手作業で行うというスタインウェイ。あらゆる演奏家が愛用し賛辞を送っています。
ニューヨークとハンブルグのスタインウェイでは少し音にも仕上げにも傾向があるようです。これについては私がここで書けるだけのニューヨーク製を触れていないと思うので何とも言えません。

現在はこのスタインウェイの響きの方向性に向うメーカーが多いようです。ピアノには色んなメーカーがあり、色んな方向性があっていいと思いますが、なかなかそうも行かないところがあるようで、ある意味残念に思います。

スタインウェイ・ジャパン㈱にはホームページがありますので、ご紹介します。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

EDIT  |  22:45  |  ピアノレビュー  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。